間宮祥太朗、役柄との共通点は「男同士のスキンシップの多さ」も池田純矢は興味対象外?

最新ニュース

池田純矢&間宮祥太朗&古屋兎丸/『ライチ☆光クラブ』トークショー
  • 池田純矢&間宮祥太朗&古屋兎丸/『ライチ☆光クラブ』トークショー
  • 間宮祥太朗/『ライチ☆光クラブ』トークショー
  • 池田純矢/『ライチ☆光クラブ』トークショー
  • 古屋兎丸/『ライチ☆光クラブ』トークショー
  • 池田純矢&間宮祥太朗/『ライチ☆光クラブ』トークショー
  • 池田純矢/『ライチ☆光クラブ』トークショー
  • 間宮祥太朗/『ライチ☆光クラブ』トークショー
間宮祥太朗と池田純矢が2月21日(日)、映画『ライチ☆光クラブ』の上映後のトークに登壇。原作者の古屋兎丸も加わり、ファンからの質問に答えた。

大人になることを拒否し廃工場の秘密基地に集い“光クラブ”を結成した14歳の少年たち。恐怖で支配するゼラ(古川雄輝)を頂点に、自分たちの理想の世界を作るべく活動するが、愛憎や裏切りが渦巻き…。間宮さんと池田さんは、ゼラに心酔する個性キャラのジャイボとニコを演じている。

間宮さんは、ジャイボとの共通点を聞かれ「私生活でも男同士のスキンシップが多いです」と明かし、これに池田さんが「何回も触られました」と反応するも、間宮さんは「純矢のことは別に何とも思ってないので」とバッサリ。続けて「僕は恋愛などでも独占欲はないので、ジャイボを演じながら、自分の中にない感情をうらやましくもあり、愛するあまり壊れるまでの激情はいいなと思いました」と語る。

一方、池田さんはニコが目玉をスプーンでえぐり出すシーンについて詳細を説明。「刺して、血が噴き出すのをワンカットで撮ってるんです。柄だけのスプーンを持ち、手の中には血糊を含んだスポンジがあり、絞ると血糊が出るようになってました。一発OKじゃないと衣裳の替えもないのでプレッシャーがあった」と壮絶シーンについて明かした。

この日の会場には「間宮さんに会いたくて」という間宮ファンが多数! 間宮さんは「なんかすいませんねぇ」とご機嫌な笑みを浮かべ、池田さんは「僕ではないんですね」と寂しげ…。だが、ある女性客から「古川さんとの共演について」の感想を求められると間宮さんは「さては、古川くんのファンだな!」とすかさず突っ込みを入れ笑いを誘う。間宮さんは「古川くんとの“お戯れ”のシーンですが、僕の中で一番好きなポイントは古川くんの声! 弦楽器鳴らしてるのかって感じで、上品さとゼラの冷たさがある。あの距離でそれを聞ける贅沢を感じたし『お前は少女のように美しい』と耳元で言われてゾクッとしました」と明かしていた。

古屋さんはゼラのオーディションときの古川さんの様子について言及。「一言も発しないで、必要最低限のことしかしないのが印象的で『◎』を付けました。後で『どうして?』と聞いたら『ほかの5~6人みんな、アピールが強かったのであえてそうした』と。どう振る舞うかを考えるところがゼラらしい。現場でもチェスが強くて、インテリ男子でした」と称え、ファンを喜ばせていた。

『ライチ☆光クラブ』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top