若手俳優12名が集まる中、一番人気は一体誰?「皆、本当は自分だと思ってる」

最新ニュース

「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
  • 「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」初日記者会見
作家・演出家の西田大輔が主宰する「ディスグーニー」の第2弾舞台公演「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」が初日を迎えた2月24日(水)、西田さんをはじめ、出演する和田琢磨、柾木玲弥、北村諒らが記者発表を行った。

「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」は元禄15年12月14日、赤穂浪士の討ち入りの日を舞台にしたコメディタッチの物語。主君の大義のために命がけの行動を起こした大石内蔵助と赤穂の四十七士の仇討話を、逆サイドの吉良上野介の視線から描き出す。

ついにやってきた初日に、登壇した12名は気合い十分。一言ずつコメントを語る中、和田さんは「2時間の中にいろいろな要素が詰まった作品です。よろしくお願いします」、柾木さんは「一生懸命やりますので、たくさんの方に見ていただきたいです」、北村さんも「全員でお客さまを巻き込んで、どこにも負けない作品にしたいと思います」と、ほとばしる気合いを入れていた。

作・演出を務める西田さんは、舞台「戦国BASARA」シリーズ、LIVE ACT「青の祓魔師」など人気舞台を手掛けてきた実力派として知られる。演出家からの見どころについて、西田さんは「コメディとは言ってるんですが、追い込まれた人たちは間違いなくリアルな感情だと思いますので、必死に生きている12人の疾走劇なんです」と、人の生きざまが現れていると思いを込めた。

今回チケットを購入した人を対象に、ホワイトデー企画と称し出演者ひとりから当選者ひとりに、3月14日にプレゼントが郵送されるという。応募が多そうな俳優を予想した西田さんは、「ひとつ言えるのは…、白塗りの歌舞伎役者でないことは確かですね。気持ち悪いですもんね(笑)」と、佐久間祐人さんをやり玉にあげた。本命については「諒くんなんじゃない?」と出演者もぶつぶつつぶやく中、西田さんが「本当は皆『俺だぞ』と思っていると思いますよ(笑)」と、登壇陣を煽っていた。

ほか、記者発表には谷口賢志、村田洋二郎、小谷嘉一、竹内諒太、平山佳延、阿部英貴、一内侑、窪寺昭が登壇した。

舞台「ジーザス・クライスト・サムライスター ~殿中でござる!~」は2月24日(水)から2月28日(日)まで全労済 ホール/スペース・ゼロで上演。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top