マライア・キャリー、大富豪との挙式プランを語る

最新ニュース

先日、オーストラリアの富豪と婚約したマライア・キャリーが、今年予定している結婚式の計画について語った。

ニック・キャノンと離婚した45歳のマライアは、オーストラリアのTV局やカジノ・リゾートなどを経営するジェームズ・パッカー氏と昨年6月頃から交際。マライアの前はミランダ・カーと交際の噂があった48歳の大富豪は今年1月にプロポーズ。婚約指輪のダイアモンドはなんと35カラットだったという。

まだはっきり挙式の日取りは決めていないが、招待客の数は抑えたプライベートな式にするつもりだという。「Access Hollywood」にマライア自身が語った言葉によれば、「ビッグではないけれど、グランドなウエディング」だそう。

マライアはレコード会社重役だったトミー・モトーラ、双子をもうけたニック・キャノンと離婚したバツ2。パッカー氏は3児をもうけたモデルのエリカ・バクスターと2013年に離婚している。

2人とも膨大な資産の持ち主(マライアは5億2,000万ドル、パッカー氏は47億ドル)だが、セレブ同士の結婚の必須条件とも言われる婚前契約は、結ばない方針だとか。マライアが2人の愛は永遠に続くと考えてのことだという。関係者によると、パッカー氏は婚前契約を話題にすることでマライアの機嫌を損ねたくない、と考えているそうだ。
《text:Yuki Tominaga》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top