さくらしめじ・高田彪我、香取慎吾主演「家族ノカタチ」で相方と初共演!

最新ニュース

「家族ノカタチ」(C)TBS
  • 「家族ノカタチ」(C)TBS
  • 「家族ノカタチ」(C)TBS
  • 「家族ノカタチ」(C)TBS
香取慎吾が主演を務め、個性的かつ親しみのある登場人物が視聴者から共感を呼んでいる「家族ノカタチ」。この度今月28日放送の第7話で、香取さんの弟・浩太役を好演する高田彪我が活動する「さくらしめじ」での相方・田中雅功がゲスト出演することが分かった。

結婚できない39歳“こじらせ男子”の主人公・永里大介(香取慎吾)と大介と同じマンションの“結婚しない”ヒロイン・熊谷葉菜子(上野樹里)のもとにそれぞれ入り浸る父・陽三(西田敏行)と母・律子(風吹ジュン)。この特殊な事情を抱えた2組の親子を中心に、周囲の人々が交差し、様々な想いを巡らせながら、それぞれの “家族ノカタチ”を描く物語。

2月28日放送の第7話では、大介と葉菜子の前に突然現れた恵(水野美紀)は、息子の浩太をタクシーに乗せて走り去ってしまう。大介は慌ててすぐさま陽三に報告するが、陽三は特に動揺した素振りも見せない。陽三が恵に多額の現金を渡していることを知った大介は、結婚詐欺の可能性もあると陽三を問いつめ、最終的には恵本人を直接呼んで話を聞く事になる。そしてついに、陽三と恵が交わしたある大切な「約束」が明かされる。一方、葉菜子の勤める会社では仕事上のトラブルが勃発。原因究明のために東奔西走する葉菜子だが、体調を崩してしまい――。

今回新たに本作に登場することになったのは、主人公の弟・浩太を好演する高田さんの相方田中さん。2人は普段「さくらしめじ」というフォークデュオで歌手としても活動し、“右しめじ”“左しめじ”との愛称で親しまれている。そんな“名コンビ”の2人だけに、ファンからは「『家族ノカタチ』に雅功くんも出演してほしい」「浩太の友達役で雅功くんを!」との、要望に応えるべく、本作での“さくらしめじ共演”が実現した。

田中さんが今回出演するのは、浩太の物語が大きく進展する第7話。学校へあまり通ったことがなく、クラスに馴染もうとしなかった浩太が、初めて会話する同級生となるクラスメイト・川澄匠役で登場する。初ドラマ出演となる田中さんは「出演できて、とても嬉しくて感動しました」と喜びを語り、相方との共演については「彪我が目の前で演技しているのは、とても新鮮でした。少しは照れちゃうかなと思いましたが集中して演技をすることができました!」と感想も。また「演技は初めてでドキドキしましたが、精一杯頑張りました!暖かい目で見ていただけると嬉しいです」と視聴者へのメッセージも寄せていた。

さらに高田さんも田中さんとの共演について「雅功とはいつも会っているのに、意外と緊張しました」と話し「浩太が初めて勇気を出して同級生に声をかけ、一歩前に進むシーンなので、ぜひ一緒に浩太の気持ちのドキドキを感じてほしいです!」と呼びかけた。

今回の演技挑戦で、歌だけでなく「色んなことに挑戦していければ」と語る田中さん。初の2人でのドラマ共演にファンは見逃せないシーンになること間違いなしのようだ。

「家族ノカタチ」は毎週日曜日21時~TBSにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top