芳根京子、福士蒼汰と“三億円事件”の謎を追う!「私でいいのかな…」

最新ニュース

先日、田中メカ原作「お迎えデス。」を土屋太鳳と実写ドラマ化することで大きな話題を呼んだ俳優・福士蒼汰が主演を務めるフジテレビ超大型スペシャルドラマ「モンタージュ 三億円事件奇譚」。この度、本作のヒロインに「表参道高校合唱部!」でドラマ初主演を果たした芳根京子が決定した。

物語の舞台は2009年の長崎、高校3年生の鳴海大和は通学路の途中で、倒れる瀕死の老人を発見。そしてその老人から「お前の父親は、三億円事件の犯人だ。誰も信用するな」と告げられる。その真意を尋ねようとする大和だが、老人は大和への宣告を最後に亡くなってしまう。その日の夜から、突然、姿を消した大和の父親・鳴海鉄也は、3日後に長崎から遠く離れた東京で水死体として発見される…。

時は過ぎ、2016年の長崎。25歳になった大和は、満たされない日々を漫然と過ごし、その不満を埋めるかのように、7年前に老人から告げられた言葉から「三億円事件」について詳しく調べ始める。そんな折、大和は父親・鉄也の形見から三億円事件で奪われた五百円札を見つけてしまう。その後、大和はひょんなことから、やってもいない殺人の容疑者として警察から追われ、長崎から福岡、さらには東京へと逃亡することに。図らずも、さまざまな人物の思惑が複雑に絡み合った、大きな事件の渦に飲み込まれていく大和は、父親・鉄也の謎の死、そして三億円事件の真相にたどり着くことができるのか…。

「ヤングマガジン」(講談社)で連載された渡辺潤原作の大人気マンガ「モンタージュ 三億円事件奇譚」を映像化する本作。主人公・鳴海大和を演じるのは、「仮面ライダーフォーゼ」「あまちゃん」で一躍人気を博し、「きょうは会社休みます。」『図書館戦争』シリーズ、「恋仲」『好きっていいなよ。』『ストロボ・エッジ』とラブストーリーのイメージが強い福士さん。本作ではいままでのイメージとはひと味違って、あらぬ殺人の容疑で逃亡する羽目に陥りながら、父親の謎の死や三億円事件の真相にたどり着くという強い信念のもと、もがき苦しみながらも一歩ずつ前進していく人物を演じる。

そして本作のヒロインを務めるのは、「ラスト・シンデレラ」で女優デビューを果たし、昨年放送の「表参道高校合唱部!」ではドラマ初主演を務め上げた芳根さん。演じる小田切未来は、福士さん演じる大和の2歳年下の幼なじみで、明るく、物怖じしない性格。両親を早くに亡くし、部屋にこもりがちな大和に対して、年下ながら遠慮のない物言いで叱咤激励する。当時高校3年の大和と共に、通学路の途中で瀕死の老人を発見し、老人が大和に告げた「お前の父親は、三億円事件の犯人だ。誰も信用するな」という言葉を聞いて以来、大和と共に遠い過去に起こった「三億円事件」に巻き込まれてしまう…。

本作への出演が決まった感想を、芳根さんは「“私でいいのかな…”という不安がありましたね」と明かし、「『モンタージュ 三億円事件奇譚』で演じる未来が、自分の中にあまりないキャラクターで、『表参道高校合唱部!』のときとは大きく違う役だったので。“三億円事件”は、生まれる前の事件で、授業で聞いたことがあるという程度の知識だったので、自分にとっては新たな挑戦でした」と、これまで“妹キャラ”とは違う役に戸惑ったよう。この点は福士さんも「(芳根は)現場でも、常に楽しそうで、演じられているキャラクターと、ご自身のキャラクターがあまりに違うので、“大丈夫かな?”と心配になったほどです(笑)」とコメント。

そんな福士さんとは本作で初共演となるが、「私自身、人見知りなので、なかなか初めてご一緒させていただく方と話せないんですが、今回の役が、福士さんと幼なじみという役柄だったので、どうにかお話したいと思って、初対面の際に『人見知りなので、お話していただければ話せますが、私からはあまり話せません、申し訳ないです』とお伝えしてしまいました(笑)。そうお伝えしたら、本当に優しく話しかけて下さいました。あらためて考えてみると、ずいぶん上から目線ですよね(笑)」と、出会いをふり返った。

今後のエンターテインメント界を牽引していくであろう若手俳優筆頭の福士さんと、さらにフレッシュな芳根さんの初共演が、今夏ドラマの中でも一層輝くこと間違いなしだ。

「モンタージュ 三億円事件奇譚」は2016年夏、放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top