リリー・フランキー、主演映画に「撮影が終わった段階で上映はないだろうなと思った」

最新ニュース

映画『シェル・コレクター』の初日舞台挨拶が2月27日(土)、東京・テアトル新宿にて行われ、主演のリリー・フランキーのほか、寺島しのぶ、池松壮亮、橋本愛、坪田義史監督らが出席した。

本作は、ピューリッツァー賞受賞作家アンソニー・ドーアの同名小説を原作に、坪田監督が舞台を日本に置き換え映画化。沖縄の離島で厭世的生活を送る盲目の貝類学者をリリーさんが演じた。

「上映後なんですね。どうりでお客様がポカーンとしているわけですね」と、リリーさんが会場を見渡すと、「タイムラグがある作品だと思うので、狙い通りです」と監督は余裕の発言。リリーさんはこの日集まった観客に「企画の段階で映画化はないだろうなと思って、撮影が終わった段階で上映はないだろうなと思ったら上映されて、まさかの満席で、ありがとうございます。幅広くというよりも、ひとりに何度もっていう映画だと思います」と挨拶。

共演者の方たちも、「ぶっとんだ台本と、ぶっとんだ監督と、ぶっとんだ共演者に囲まれて、ぶっとんだ作品になっています。子どもが生まれてもこういう役が来るんだと思って嬉しかったです。見終わってモヤモヤする感じが気に入っています」(寺島さん)、「出ていなくても観ただろうな、と思うくらい気に入っている映画です。久しぶりに圧倒された日本映画でした」(池松さん)、「これだけ前衛的で実験的な映画に関わることができて幸せです」(橋本さん)とそれぞれ挨拶をした。

カットされているシーンも多くあるそうで、「私の超人的なシーンもあったんですけど、カットされました」と橋本さんが話すと、リリーさんは「どうせデタラメなら全部入れちゃえばよかったのに、愛ちゃんの撮影では腹がちぎれるぐらい笑いましたからね。寺島さんのカットされてしまった官能的なシーンは後からみなさんに僕が現像して渡しますよ」と茶化してみせた。

第45回ロッテルダム国際映画祭では正式出品されたものの、惜しくも受賞できず「久しぶりに号泣している大人をみた」と悔し涙を流す監督の姿や、「監督があまりにキラキラした表情で撮影をするので、監督の言うことは聞こうねと四人で何度も話し合っていた」と明かすなど、監督と出演者が深い信頼で結ばれた様子も紹介。リリーさんの機転の利いた対応で、誰かが発言するたびに笑いが起こるほど、すっかり会場は和やかな雰囲気になっていた。

最後に、「暗闇の中に一筋の光を追い求めながら進んでいくような感覚的な映画なんですけど、感覚を触発できたらと思って作りました」(坪田監督)、「元気な友達に勧められるような映画ではないかもしれませんが、心が弱っている友達がいたら是非勧めてあげてください。目を閉じて感覚を感じてもらえる映画になったと思います」(リリーさん)とそれぞれ真剣な表情を見せた。

『シェル・コレクター』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top