古川雄輝&小島梨里杏、クリスタルケイ初の桜ソング「サクラ」MV出演

最新ニュース

Crystal Kayの2016年第1弾シングルにして、初の桜ソングとなるニューシングル「サクラ」のミュージックビデオ(以下MV)に、『ライチ☆光クラブ』をはじめ話題作に出演する若手俳優・古川雄輝と、新星女優・小島梨里杏が出演していることが分かった。

「はかない恋は、桜のように」という曲の世界観を、卒業を迎える高校生男子と女子の同級生幼なじみの淡い恋のドラマとして表現した本MV。春樹と櫻子は、幼なじみで高校まで一緒。いつも喧嘩してじゃれあうような関係。でも心の奥ではお互いのことが気になっていた。2人は自分の気持ちに正直になれないまま、卒業式を迎える。卒業後、春樹はニューヨークに留学してしまう。卒業式の後、感情を抑えきれない櫻子は、思わず春樹にキスをする。数年後、学生時代の想い出の桜の元、偶然に再会してしまう2人。櫻子は婚約者と並んで歩いている。2人が出した未来への結論は…。

主人公の春樹を演じるのは、『脳内ポイズンベリー』「イタズラなKiss~Love in TOKYO」「5→9~私に恋したお坊さん~」などに出演し、その端正な顔立ちと高い演技力で絶賛ブレイク中の古川さん。その同級生・櫻子を「表参道高校合唱部 ! 」でひときわ目立つ華やかな女子高生を演じ、出演作『オオカミ少女と黒王子』の公開を控える小島さんが演じる。

本MVの撮影は、2月6日、早咲きの桜で有名な静岡県の南伊豆町にて敢行。GReeeeNの「キセキ」「夢」、JUJU「桜雨」などドラマ風ミュージックビデオで定評のある直(ちょく)監督がメガホンを取り、切なくも前向きになれるラブソングの世界を表現した。


小島さんは「高校生役がまだまだいけるんだという喜ばしい発見と、経験したことのないことがお芝居ができて楽しかったです」と心境を明かし、「他の誰かじゃ生まれない、2人の間でしか生まれない何かがあったのかな…と撮影していて感じました。だからより本当に大切な思い出としてしまうことを選んだ2人をすごいと思いましたし、これでまたひとつ成長し強くなっていくのだと思いました。出会いと別れのある桜=サクラの季節にきっと皆さんの背中をおしてくれるはずです」と本楽曲とMVの見どころを語った。

「サクラ」は3月23日(水)よりリリース。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top