池松壮亮、『デスノート』“ひょっとこ”姿で表紙に登場!ベルリン国際映画祭で驚嘆の嵐

映画

「元AKB48」の川栄李奈が史上最悪の“デスノート”所持者として出演することが明らかになり、ますます盛り上がりをみせる『デスノート 2016』。先日行われた「ベルリン国際映画祭」のEuropean Film Marketにて配布された専門誌「SCREEN Daily」の表紙を、本作の新ビジュアルが飾り大反響を呼んだようだ。

デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの対決から10年。再び死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。夜神総一郎が立ち上げた「デスノート対策本部」は存続しており、すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田ほか5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には「6冊のデスノート」が存在する事が判明。そんな中キラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけるものだった――。

2003年、大場つぐみと小畑健により「週刊少年ジャンプ」(集英社)での読み切りから始まった本作は、名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート“デスノート”を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と世界的名探偵・Lたちによる頭脳戦を描き、10年以上を経て現在も圧倒的な支持を得る大ヒットカリスマコミック。その後、実写映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』、スピンオフ作『L change the WorLd』や、ほかにもアニメ、ドラマ、小説、舞台など展開し、日本国内のみならず、世界中で新たなファン層を獲得している。

キャストには、デスノートを追う男・三島創役の東出昌大をはじめ、デスノートを封じる男・竜崎役の池松壮亮、デスノートを制する男・菅田将暉、そして先日新たに発表された6冊のデスノートのうちの1冊を所持する女・青井さくら役の川栄さんが出演している。

日本公開に先立ち、2月11日から21日まで開催された「第66回ベルリン国際映画祭」のEuropean Film Marketにて、世界に向けたセールスが行われ、世界中の作品ブースがひしめき合う中、本作も今回の映画祭のためだけに制作されたスペシャルムービーを上映。するとたちまち「すぐに本編が観たい!」 とバイヤーも高揚感を隠せない様子で、一日のうちに何度もブースに足を運ぶバイヤーが続出した。普段、日本のコンテンツはアニメしか扱わない欧米の会社や、ハリウッド大作を中心に買い付ける会社など多数の問い合わせがあり、ほかにも韓国やスペインのバイヤーなども大きな期待を寄せ、まさに全世界が本作に注目していることが実証されたようだ。

今回解禁された新画像は、本映画祭初日の会場で配布された有力映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙のビジュアルで、池松さん演じる竜崎がひょっとこのお面を被り、真っ白な空間で座っている画像。よく見ると、その男が腰かけているのはトイレのように見え、また「ひょっとこ」は、前作『DEATH NOTE』で松山ケンイチ演じるLが藤原竜也演じる夜神月に会うときに顔を隠すために被っていた、飄々としたLならではのアイテムなのだ。

会場では、Lの後継者である竜崎がLと同じようにひょっとこのお面を被っており、彼は何故ひょっとこのお面を被っているのか、また、彼がいる場所は一体どこなのか様々な憶測と議論を呼び、また床面に書かれた「The new saga begins」(=新たな伝説の始まり)という文字が大きな期待を抱かせ、それがまた世界中のバイヤーの更なる注目を集めていた。さらに“世界初解禁”となった本作の新画像が表紙飾ったとあって、用意された 約1万部が瞬時に棚から消えてしまうという映画祭関係者も驚きの現象が起きていた。

『デスノート 2016』は2016年秋、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top