大野拓朗、朝ドラにも抜擢!『セーラー服と機関銃』のネクストイケメンに注目

映画

『セーラー服と機関銃 -卒業-』 (C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 (C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 『セーラー服と機関銃 -卒業-』(C)2016「セーラー服と機関銃-卒業-」製作委員会
  • 大野拓朗/『セーラー服と機関銃 -卒業-』完成披露試写会
  • 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 (C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 (C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 (C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 (C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 - (C) 2016「セーラー服と機関銃-卒業-」製作委員会
「あさが来た」のディーン・フジオカをはじめ、「あまちゃん」の福士蒼汰、「ごちそうさん」の東出昌大、「カーネーション」の綾野剛、「まれ」の柳楽優弥など、NHK朝の連続テレビ小説をきっかけに、さらなるブレイクを果たした男性俳優陣は数知れず。そんな中、4月よりスタートする「とと姉ちゃん」への出演が決まり、ブレイク必至といわれる若手俳優が大野拓朗だ。3月5日(土)より公開となった『セーラー服と機関銃 -卒業-』では、橋本環奈演じる星泉が率いる目高組の組員を演じ、その存在感を発揮している。

『セーラー服と機関銃 -卒業-』は、セーラー服の女子高生が機関銃を撃ちまくり、「カ・イ・カ・ン……」とつぶやく、一度見たら忘れられないインパクトあるシーンで知られる名作の続編を、“1000年に一人の逸材”といわれるアイドル・橋本さん主演で映画化。

普通の高校生活を送っていた女の子・星泉が、弱小ヤクザの目高(めだか)組の4代目を襲名、一時は“かたぎ”として女子高生に戻ったものの、再び敵対する組織と抗争を繰り広げるという本作。大野さんは、曲がったことの嫌いな女子高生組長・泉をサポートする子分の1人、祐次を好演する。

本作の撮影現場で大野さんは、本作が初主演となった橋本さんの目を見張る成長に嫉妬しながらも、安藤政信、武田鉄矢といったベテランの姿勢に感服。そして、同じく組員・晴雄を演じた宇野祥平とは演技について議論を交わし、切磋琢磨しながらつくりあげた本作で大きな刺激を受けたという。

当初は思い出づくりのつもりで受けた役者のオーディションで、周囲の必死な姿に引っ張られる形で芝居の魅力にはまったという大野さん。「役者を初めて6年目に入ったいまでも、常に成長していきたい、死ぬまで成長していきたいと思っています。一生、役者でいたいし、僕の夢は現場で死ぬこと」と、熱く言い切るほどになった。

ドラマ「三匹のおっさん」で共演した大先輩・北大路欣也の「ヤクザ役もできるのが良い役者だ!」という言葉を聞いてから、本作は待望の役柄だったことを明かし、目高組の組員を演じるにあたり、高倉健のヤクザぶりやジェームズ・ディーンの不良性を参考にしたという。

これから「さらにいろいろな役柄に挑戦したい」とまっすぐに語る大野さん。次期朝ドラのほか、綾瀬はるか、斎藤工、水原希子など人気俳優が集結する『高台家の人々』では「マッサン」のヒロインを務めたシャーロット・ケイト・フォックスの夫役となるだけに、ますます注目度は上昇するはず。本作でも、彼の熱い演技は要チェックだ。

『セーラー服と機関銃 -卒業-』は3月5日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top