佐藤浩市、主演作『64-ロクヨン-』に強い思い入れ!4,300人が完成見届ける

最新ニュース

榮倉奈々、佐藤浩市、綾野剛/『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 榮倉奈々、佐藤浩市、綾野剛/『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 綾野剛/『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 佐藤浩市/『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 榮倉奈々/『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
  • 『64-ロクヨン-前編』完成報告会見
『半落ち』『クライマーズ・ハイ』の原作を手がける横山秀夫のベストセラー小説を2部作で映画化する『64-ロクヨン-前編』の完成報告会見が3月7日(月)、東京国際フォーラムで行われた。

会見には横山氏をはじめ、主演を務める佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和、瀬々敬久監督の17名が勢ぞろいし、渾身作への熱い思いを語った。

たった1週間で終わった昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件、通ロクヨンの時効が近づく平成14年、当時を模倣した事件が発生。元敏腕刑事で、現在は警務部広報室広報官を務める三上義信(佐藤さん)が、記者クラブやキャリア上司との攻防、刑事部と警務部の対立に巻き込まれながら、真実を追う姿が重厚なタッチで描かれる。

「ここまで身を削ったのは久々。三上にとっては、記者クラブや組織との“10番勝負”のようなもので、役柄としても役者としても、傷を負いながらゴールした」と強い思い入れを示す佐藤さん。「横山さんの原作ですし、面白いけど大変。やりがいがあるけど、本当にキツイ。そんな役柄だからこそ、腹をくくるのも早かった。予定調和はしたくないし、常に自分を鼓舞していた」と熱を帯びた口調で語った。

そんな佐藤さんの部下を演じた綾野さんは、「浩市さんの背中を見ていれば、それで十分。現場では多くのことを教えていただき、襟を正してくださった」と感慨しきりだ。

また、対立する記者クラブの仕切り役を演じる瑛太さんも「クランクイン前日、浩市さんが『全力で受け止めてやる』と言ってくださり、緊張もしましたが、どんどんぶつかっていった」。ただ、力が入り過ぎたのか「浩市さんの顔に、つばを飛ばしてしまい、ビビッた」そうで、佐藤さんも「バンバン飛んできましたね。瑛太ファンなら、まだしも(笑)」と後輩の奮闘をたたえていた。

会見後の完成披露試写会には、約4,300人が来場した。

『64-ロクヨン-前編/後編』は2016年前編:5月7日(土)、後編:6月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top