押井守×鈴木敏夫×虚淵玄『ガルム・ウォーズ』SPトークをLINEで生配信!

最新ニュース

押井守監督&鈴木敏夫プロデューサー
  • 押井守監督&鈴木敏夫プロデューサー
  • 『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
  • 『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
『攻殻機動隊』シリーズや『イノセンス』などで世界中のクリエイターたちに刺激を与える鬼才・押井守監督が、構想15年をかけて異国の地・カナダでオールロケを敢行した最新作『ガルム・ウォーズ』。この度、押井監督と、本作の日本語版プロデューサーを務めた鈴木敏夫、そして脚本家・虚淵玄の三者によるスペシャルトークが「LINE LIVE」にて生配信されることが決定した。

遙かなる古代、戦いの星・アンヌン。ここには創造主・ダナンがつくったクローン戦士・ガルムと彼らから神聖視される犬・グラと、鳥が生息している。ガルムはたとえ命を落としても、その個体の記憶をクローンの脳に転写することで、幾世代も生き延びてきた。ダナンが星を去った後、覇権をめぐり3部族の抗争が続いていた。ある日、空の部族・コルンバの女性飛行士カラは、陸の部族・ブリガの兵士スケリグとの戦闘の最中、情報操作に長けた部族・クムタクの老人ウィドと出会う。「我々は何処から来て何処へ行くのか?」。ウィドが投げかける不可思議な問いによって、敵同士である彼らの間に奇妙な連帯が生じ、3人は「ガルムの真実」を探る旅に出る。しかし、それは神の怒りに触れる行為だった――。

世界へ通用するジャパンアニメーションの土台を築き上げてきた人物・押井監督が、監督デビューから30余年…「国家とは、人類とは、そして戦うこととは――?」と問いかける現代叙事詩を、構想15年、製作費20億円をかけて世に送り出す本作。制作には、これまで『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』などでタッグを組んだアニメーション製作会社「Production I.G」が参加。そして、本作の日本語版には、プロデューサーとしてスタジオジブリの鈴木さんが名を連ね、さらに「魔法少女まどか☆マギカ」「PSYCHO-PASS サイコパス」などを手掛けたシナリオライター・虚淵さん(ニトロプラス)が協力。吹き替え声優には朴ロ美が起用され、日本随一のクリエイターが揃う。

今回、本作の日本語版公開に先駆けて、押井監督と鈴木プロデューサー、そしてシナリオライター虚淵さんによるスペシャル対談が実現。その模様が特番として「LINE LIVE」にて生配信されることが決定した。番組内では、押井監督が初めて日本語版『ガルム・ウォーズ』を鑑賞! 以前、「この日本語版を押井守が見てどう思うのか。押井さんが悔しがるのが楽しみです笑」と話していた鈴木プロデューサーだが、鑑賞後監督の第一声は? そして反応は!? さらに、本作の見どころや制作秘話を監督自身が解説するという。

30年以上に及ぶ友情関係だからこその歯に衣きせぬ発言の応酬を漏らさず聞けるのは生配信ならでは。それぞれが日本エンターテイメント界の第一線で活躍する人物なだけに、次回作の話題が飛び出ないか? など、ファンだけでなく業界も注目の超貴重なトークショーになること間違いなしだ。

「押井守×鈴木敏夫×虚淵玄『ガルム・ウォーズ』公開特番」は3月10日(木)21時45分より「LINE LIVE」にて生配信。

『ガルム・ウォーズ』日本版は5月20日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top