岡田准一、皇太子さまご夫妻&愛子さまと『エヴェレスト』観賞 「愛に包まれた時間」

最新ニュース

『エヴェレスト 神々の山嶺』ネパール大地震復興支援チャリティー試写会
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』ネパール大地震復興支援チャリティー試写会
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』ネパール大地震復興支援チャリティー試写会
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』(C)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会
「V6」岡田准一を主演に阿部寛、尾野真千子ら豪華俳優陣で、世界的大ベストセラーを完全映画化する『エヴェレスト 神々の山嶺』。3月8日、本作のネパール大地震復興支援チャリティー試写会が開催され、皇太子さまご夫妻と愛子さまがご臨席。主演の岡田さんと平山秀幸監督、原作者の夢枕獏ほかと共に本作を鑑賞した。

山岳カメラマンの深町は、ネパールの首都・カトマンドゥで古いカメラを発見する。それは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーは1924年にエヴェレスト初登頂に成功したのかという、登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの行方を追う深町は、一人の男に辿り着く。孤高の天才クライマー、羽生。突然日本から姿を消して消息不明だった彼が、なぜカトマンドゥにいるのか…。羽生の目的に興味を持ち、その過去を調べるうち、深町は彼の生き様にのみ込まれていく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも、彼を愛し続ける女性・涼子と出会う…。

この日、三殿下との鑑賞を終えた岡田さんは、「愛に包まれた時間を過ごさせていただけたと思うし、自分も頑張らなければ、もっと上手くなりたいと芝居についても上を目指したいと思えるような気持ちになった」と感想を述べ、上映中の愛子さまの様子については「熱い男たちがエヴェレストに対峙する話なので、大丈夫かな? と思いつつ、心配していたけれど、しっかり観ていただけたと思う」と述懐。

また岡田さんは、皇太子さまから「軍師官兵衛、観ています」と伝えられたそうで「やれてよかったと光栄に思いました」と嬉しそうな様子。皇太子さまは登山を趣味とされているだけに「ご自身がどの場所に行かれたのかお話しいただけたり、山の話もしていただけて、山についての経験だったり、5,200メートルで撮影したことについても驚いていただけました」と会話の内容を振り返った。

皇太子さまの隣で鑑賞した平山監督は「岡田さんと阿部さんのパワフルなお芝居に感心されていましたし、氷壁へ登るどきにどうしたのか聞かれました」と、皇太子さまが本作に強い関心を寄せていたことを明かした。

日本も東日本大震災から今月で5年の節目を迎えるが、岡田さんは「震災に対する思いや災害に対する思いを深く感じることが僕自身できた。ネパールも地震が起こり、復興できていない現状があり、日本の震災の復興もまだまだ完全とは言えないと思います。傷跡の残る中で忘れずに僕らも思いつつけなければいけない。そういったことを殿下共々お考えになられているという深い愛を感じることができて、震災のことをもっと考えようと思わせてくれる時間を過ごさせていただきました」と背筋を正した。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は3月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top