妖怪たちと水木しげるにオマージュを!「リトゥンアフターワーズとリトゥンバイ」

最新ニュース

リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
  • リトゥンアフターワーズ、リトゥン バイ16-17AWファッションショー
山縣良和によるリトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)とリトゥン バイ(written by)の16-17AWのファッションショーが16日表参道ヒルズで行われた。同コレクションは妖怪をテーマに、山縣の故郷である鳥取で育った漫画家・水木しげるへのオマージュとして捧げられた。

このコレクションで山縣が試みたのは、クチュール、ストリートスタイル、妖怪が共存する世界をファッションで表現すること。80年代後半にアナ・ウィンターが米誌『VOGUE』の編集長になった際に、クチュールとストリートを共存させて新しい時代の到来を感じさせたように、そこに妖怪という日本古来より人間の暮らしと共にあったはずの存在を加えることで、我々にルーツを辿り、翻って未来に向かうことをショーを通じて想像させてくれた。

ショーを終えた直後、山縣は「このショーでは様々なキャラクターがランウエイに登場した。それぞれ物語を持っているキャラクター達が共存する世界を表現したかった」とコメントしている。

その言葉の通り、ファーストルックは弾むビートに合わせて、獣らしきものを肩から下げた男が登場した。彼だけでも、踊り、狩りといった人類のルーツとも言える行いと、現代を象徴するアイテムとしてイヤホンを身につけている。ランウエイを歩くルックそれぞれに、山縣からのメッセージと人類の物語が込められているように思えてくる。



その後、ランウエイには一つ目小僧やネコ娘に扮したモデル、妖怪に扮したモデル達が続くと思えば、極太ニットで編まれたロングガウンを纏ったモデルや山縣の故郷鳥取の因州和紙で作られたハットを被ったルックも登場。足元には時折、砂丘の砂を散りばめた下駄も見られる。



すべてのモデルはあの世とこの世の結界のようなフラワーアーチからやってきては、ランウエイを歩き再びそのアーチから去って行くという趣き。



カラス女のような出で立ちのルックでは、ニードルパンチ特有の黒と柄が混ざり合う感じと、人間の世界と妖怪の世界、闇と光のように相反する世界を往古する揺らぎのようなものが込められているようだ。



ラストルックには、鳥取砂丘の砂を一面に敷き詰めたテキスタイルで作られた優美なシルエットのドレスを纏ったルックが登場。モデルは小松菜奈。水木しげるへのオマージュ。



今回、妖怪とファッションを掛け合わせることで、世界を舞台にした時のオリジナリティに繋がるのではと考えたという山縣は、昨年から定期的にパリで行う展示会に続き、「パリで勝負してみたい」と言う。

ファッションがボーダー(境界)を越えられることを信じる彼だからこそ、あらゆる境界を越えた多様性のあるファッションをみせてくれたのだろう。

妖怪たちと水木しげるにオマージュを。あらゆる境界を越えたリトゥンアフターワーズ、リトゥンバイ【16-17AW】

《Shigematsu Yuka》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top