二階堂ふみ&真木よう子が“金魚ダンス”を披露! 『蜜のあわれ』メイキング映像到着

映画

『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 真木よう子『蜜のあわれ』
金沢三文豪の一人である室生犀星が、晩年に発表した小説「蜜のあわれ」を原作に、『シャニダールの花』などを手掛ける石井岳龍が監督を務めた『蜜のあわれ』。この度主演の二階堂ふみが演じる金魚・赤子と幽霊役の真木よう子が“金魚ダンス”を初披露するメイキング映像が到着した。

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか」と奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて――。

映像化は難しいと言われてきた本作に挑むのは、『狂い咲サンダーロード』『逆噴射家族』 『シャニダールの花』などの映画だけにとどまらず、PVなど様々なメディアで活躍する石井監督。キャストには、自分のことを“あたい”と呼ぶ赤子役の二階堂さんをはじめ、赤子とともに暮らす老作家役に大杉漣、怪しげな幽霊役に真木さん、金魚売り・辰夫役に永瀬正敏、そのほか高良健吾、渋川清彦らが脇を固めている。

そして今回解禁されたのは、映画の中で少女の姿に変貌する金魚の赤子が、尾びれをヒラヒラさせながら、幽霊役の真木さんと共に、キュートなダンスを披露するシーン。真木さんに、二階堂さんがダンスを教えるところから始まる本メイキング映像は、二階堂さんの意見も交え、和気あいあいの雰囲気で行われている様子も映されるなど秘蔵映像となっている。時には妖艶に、そして子どもにように無邪気に飛び跳ねる赤子。ヒョンヒョンと水の中でジャンプしているような真木さんとも息のあったフリフリの“金魚ダンス”をこちらから覗いてみて。


『蜜のあわれ』は4月1日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top