「ザ・ローリング・ストーンズ」、歴史的キューバ公演を敢行!

最新ニュース

「ザ・ローリング・ストーンズ」
  • 「ザ・ローリング・ストーンズ」
  • 「ザ・ローリング・ストーンズ」-(C)Getty Images
  • 「ザ・ローリング・ストーンズ」-(C)Getty Images
ザ・ローリング・ストーンズが25日(現地時間)、キューバで歴史的なコンサートを行った。

ハバナのシウダード・デポーティーバのステージに立ったミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロン・ウッド、チャーリー・ワッツの4人は、1959年のキューバ革命以来初めて同国でコンサートを行った欧米出身バンドとなったのだ。約50万人もの観客がつめかけ同バンドにとっても史上最大規模となったコンサートは、ミックがファンに向けてスペイン語の挨拶をした後、1968年のヒット曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のパフォーマンスからスタートした。

その後「悪魔を憐れむ歌」などお馴染みの曲が披露され、ストーンズの代表曲「無情の世界」と「サティスファクション」のパフォーマンスで、全18曲が披露された2時間のコンサートの幕が閉じられた。

同バンドの音楽は同国で破壊活動的な内容とみなされ、長年にわたって放送禁止曲に指定されてされていた経緯があるが、今回のコンサートはキューバに新たな転機をもたらしたといえるだろう。

そんな成功を収めたコンサートだが、公演前にはローマ教皇から25日(現地時間)がイースターの祝日にあたることを理由にコンサートの中止を求められていたことから、敢行が危ぶまれていたと関係者の1人が先日話していた。「バンドのチームは、教皇が手紙で連絡してきてあっけに取られていました。自分の目を疑っていましたね」「教皇をがっかりさせたくないと同時に、公演の契約もあり、コンサートを開くことにしました。彼らはキューバの人々をガッカリさせないと約束したのです」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top