桜田通、横浜流星のマッチョボディに衝撃!

最新ニュース

『シュウカツ』初日舞台挨拶
  • 『シュウカツ』初日舞台挨拶
  • 『シュウカツ』初日舞台挨拶
  • 『シュウカツ』初日舞台挨拶
  • 『シュウカツ』初日舞台挨拶
  • 『シュウカツ』初日舞台挨拶
  • 『シュウカツ』初日舞台挨拶
  • 『シュウカツ』初日舞台挨拶
映画『シュウカツ』初日舞台挨拶が4月2日(土)に都内で行われ、桜田通、渡部秀、横浜流星、千葉誠治監督が登場した。

就職活動=就活をテーマに、ブラック企業の面接官により会議室に軟禁され、投げつけられる質問・奇問に返答し、内定を獲得しようともがく学生たちが主人公のインテリジェント・サバイバル・サスペンス。4話のオムニバス形式で、各話の主演をいまが旬の5人のイケメン俳優が務める。

「嫌な関係性の話だから和気あいあいとした現場でもなく、どんなエピソードを話そうか…」と戸惑い気味の桜田さんだが、本作第4話で共演した桜田さんと渡部さんは、『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』(’11)でも共演しており、その撮影期間中に一緒にスーパーに買い物に行ったり、お餅を焼いて食べたという楽しいエピソードを披露して、仲の良さを垣間見せる。

そんな二人に取り残された感じの横浜さん。先日行われた完成披露舞台挨拶で桜田さんらと同じステージに立ったものの、共演シーンがなく絆を深められなかったようで、桜田さんは「しょうがないよ。俺ら共演はしてないから、そりゃこうなるよ」と苦笑い。しかし、劇中で横浜さん演じる柏原が豹変するシーンについて、桜田さんが「スイッチの切り替えが分かりやすくて、観ていてカッコいいと思った」と褒めれば、横浜さんも「ふり幅が大きい通くんの役はすごかったなと思いました」と称賛し、笑顔を見せた。

その後、大学受験やアルバイトなどプライベートでの面接経験について盛り上がる一同。横浜さんは面接経験がないことから、空手の道場入りするときに「押忍!」と気合を入れてから入ることを紹介。その話を受けて、桜田さんは「いま思い出した話していい?」と切り出すと、「初めて完成披露で会ったときに、すごい物腰が柔らかくて、年下で可愛らしい人だなと思った」と横浜さんの印象について述懐。ところが、「その何か月後かにテレビでどんでもない筋肉を見せていた」そうで、「えっー!? こんな子なの? と思った」と目を丸くする。横浜さんは極真空手初段の持ち主で、TBS系バラエティ番組「最強スポーツ男子頂上決戦」に何度か出演しており、桜田さんは200kgの重さを体で支える「ヘビープレス」に挑戦中の横浜さんを目撃したようで、その意外な姿に「衝撃が走った」と驚きを隠せないでいた。

映画『シュウカツ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top