トム・ヒドルストン、“ロキ役”を降板?

最新ニュース

トム・ヒドルストン-(C)Getty Images
  • トム・ヒドルストン-(C)Getty Images
  • トム・ヒドルストン
  • トム・ヒドルストン-(C)Getty Images
トム・ヒドルストンが『Thor: Ragnarok』(原題)を最後にロキ役を降板することを示唆している。

『マイティ・ソー』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』『アベンジャーズ』とロキ役を演じてきたトムは、新作『Thor: Ragnarok』(原題)で再びクリス・ヘムズワースと共演することを楽しみにしているものの、更なる新作に出演することはないだろうと「The Daily Beast」のインタビューの中で語った。

「『マイティ・ソー』の第3弾はクールなことになるだろうね。4年間この作品に出演していなかったし」「クリスと仕事をするのが大好きなんだ。これが僕にとってシリーズ最後の出演になるだろうね」。

さらにトムはマーベルの製作陣が『Avengers:Infinity War』にもロキを登場させようとしているのかは分からないとし、「彼らはまだ準備を完璧に整えてはいないと思うよ。進めながら、決めていくだろうね」と話している。

そんなトムはジョーダン・ヴォクト=ロバーツ監督の『Kong: Skull Island』(原題)に出演することが決まっており、いままで演じてきた役とはまったく異なることからこの作品に出演できて嬉しいと続けた。「この作品はクールだよ。新しいものになるだろうね」「大きな映画でこういう英雄の主人公の役を演じたことがいままでなかったから、『Kong』は(僕にとって)変化だね。ジョーダンのビジョンはとても独自のものだよ。まったく時間周期が違うし、ストーリーもほかとは違うんだ。『Kong』のような映画をいままでみんな見たことがないはずさ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top