福山雅治、菅田将暉のバイオレンスシーンに凍結! 「怖い、あの人怖い…」

最新ニュース

菅田将暉、福山雅治/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 菅田将暉、福山雅治/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 福山雅治/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 藤原さくら/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 菅田将暉/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 夏帆/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 宇崎竜童/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
  • 水野美紀/連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見
フジテレビの連続ドラマ「ラヴソング」制作発表会見が4月4日(月)、都内で行われ、主演の福山雅治、共演の藤原さくら、菅田将暉、夏帆、宇崎竜童、水野美紀が出席した。

福山さん演じる元プロミュージシャンの男・神代広平が、藤原さん演じる天賦の歌声を持つ女性・佐野さくらと出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻す姿を描いた感動のヒューマン・ラブストーリー。

神代役について、「ミュージシャンというのはほっといても大丈夫なので役作りはやっていない」と余裕の表情の福山さんだが、神代の現職である企業カウンセラーは「全然接触したことがない」ということから、インタビューやカウンセリングのデモンストレーションを通して役作りに励んだそう。力を入れたのは曲作りも同じで、福山さんは主題歌「soup」のほか、劇中で神代が作曲する3曲を制作。しかし、依頼時は二つ返事で引き受けるも、一つのドラマや映画で3曲も作ったことがないことに後から気づき、「前代未聞の煮詰まり方をしましたね」と苦笑いを見せた。

オーディションで100人の中からヒロインに抜擢され、人生初の会見に臨んだ藤原さんは緊張しきり。オーディション時に福山さんと初対面した藤原さんは、「本当に存在してるんだぁ。生き物なんだぁ」とそのときの心境を吐露。撮影中も初めて尽くしで戸惑っているそうだが、「アクティブな役なので、(衣装の)ダメージジーンズがどんどん開いて、最後なくなるんじゃないかと話しています」と打ち明け、キャスト陣の笑いを誘う場面もあった。

そして、映画界では個性的なキャラクターで異彩を放つ菅田さんは、ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」(’11)以来の月9レギュラー出演を喜びつつ、「そのときは恋が実らない役だったので、今回は実れるように頑張ります」と気合十分。ところが、その気合は思わぬパワーとなって福山さんに直撃したようで、福山さんは「怖い、あの人怖い…」と菅田さんに戦々恐々。というのも、菅田さんはさくらに片思いする空一を演じており、さくらが憧れを抱く神代とぶつかるシーンで、福山さんいわく「想像以上の迫力で空一が僕に暴力を振るってきた」とか。台本を読んだイメージのはるか上をいく凶暴さに、福山さんは「菅田君はいろんな現場でそういうこと(暴力)をやっていると思うけど、我々中年はそういうのに慣れていないから」とポロリ。「バイオレンスなシーンに固まってしまいました」とあまりの衝撃に驚きを隠せずにいた。

会見のラストには、藤原さんがオーディション結果発表時にウィニングソングとして歌ったオリジナル楽曲「1995」を福山さんと共に披露した。

フジテレビ系連続ドラマ「ラヴソング」は4月11日(月)21時~スタート(初回30分拡大)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top