miwa&坂口健太郎W主演! 歌姫と一途男子の恋を描く…『君と100回目の恋』

映画

『君と100回目の恋』
  • 『君と100回目の恋』
  • 坂口健太郎
  • miwa
シンガーソングライターのmiwaと、朝ドラ「とと姉ちゃん」にも出演中のいま最も注目される俳優・坂口健太郎のW主演で贈る『君と100回目の恋』が2017年2月に公開されることがこのほど決定。併せてコメントも到着した。

7月27日、誕生日の夜。ライブの帰り道に大学生の葵海(miwa)は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は教室にいた。日付は事故の1週間前。動揺する葵海に、お互いに好きな想いをなかなか伝えられない幼なじみの陸(坂口健太郎)が言う。「秘密を教える。俺、時間を戻せる」葵海の運命を変えるため、陸は時間を遡れるレコードを使い、何度も“時”を戻していたのだ。想いが通じ合った2人は、恋人として日々をやり直すため1年前に戻る。周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る2人だったが、陸のタイムリープには葵海への一途な想いとともに重大な秘密が隠されていた。そして再び7月27日がやってくる――。

本作は、葵海を事故から救うため、幼なじみの陸がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。監督には、『黒崎くんの言いなりになんてならない』で監督を務め、「ももいろクローバーZ」「HKT48」「SPEED」などのミュージックビデオも手がける映像ディレクターの月川翔。脚本は「1リットルの涙」『ダーリンは外国人』の大島里美が担当し、海辺の街を舞台に、 眩いばかりの青春の恋が織りなす光と、その光がうき彫りにする運命という名の影に立ち向かっていく2人を、繊細かつ鮮やかに紡ぎ出す。

事故に遭ってしまう大学生・日向葵海役に、デビュー曲「don’t cry anymore」がヒットし、その後も「ヒカリヘ」「Faith」など新曲が出されるとたちまち話題となり、同世代に圧倒的な人気を誇るシンガーソングライターのmiwaさん。葵海の幼なじみの長谷川陸役を、『ヒロイン失格』『俺物語!!』や「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」ほか数々の話題作に出演し、『64-ロクヨン-』『高台家の人々』など公開作が目白押しの坂口さんが演じ、W主演を果たす。

今回の決定にmiwaさんは「脚本を読んで、ラストは涙が止まらないほど、とても切ない気持ちになりました」「私が演じる葵海は、明るくて、元気で、後先考えずに行動しちゃうところが、自分と似ているところかな」と話し、また坂口さんも「僕が演じる陸は、全部が完璧でダメなところなんて1つもないように見えます。でも、ずっと葵海のことを一途に想い続ける、好きな子の前ではついカッコつけてしまうという点では、誰もが共感できる普通の男の子だと思います」と役について語った。

また今回が初共演の2人は、お互いについてもコメント。昨年公開の『マエストロ!』で演技初挑戦を果たし、ドラマ「紅白が生まれた日」に出演するなど女優としても活動の幅を広げるmiwaさんは、「共演させてもらえることがとても嬉しいです。私は映画が2本目で、演技経験がほとんどないのでこんなにセリフがある役はとても不安だし、プレッシャーですが、坂口くんに引っ張ってもらって、同世代の方が多く出演されるので、和気あいあいと楽しくできればいいなと思っています」と喜びを述べ、坂口さんは「miwaさんは、きっと天真爛漫な葵海のような人だと思うので、とても楽しくなりそうだなと思っています」と期待を寄せている。

そして本作のもう一つの魅力は“音楽”。物語の中核を担うラブソングはmiwaさんの描き下ろし。また劇中では、2人が仲間と組むバンドの演奏もあり、そのために坂口さんはギターを猛練習中だそう。ギター初挑戦の坂口さんは、「人前で演奏したり、歌うことは全く未知の世界です。しっかり弾けなくてはならない役柄なので、時間を掛けて頑張りたいと思っています」と意気込みを寄せた。

映画の製作と並行して、「(君100)プロジェクト」の始動も決定。 4月28日(木)発売の「週刊ヤングジャンプ」にて、同タイトルの漫画(原作:Chocolate Records 構成:イナバセリ 漫画:よしづきくみち)の連載がスタート。秋以降には、集英社オレンジ文庫にて、本作の関連小説の出版も決定するなど様々な展開も予定されているという。

『君と100回目の恋』は2017年2月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top