世界で話題の無責任ヒーローが賞に輝く!? 『デッドプール』本編映像公開

映画

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』ティザーポスター (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』ティザーポスター (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
すでに全米などで公開され、世界120か国でNo.1を記録し大ヒットとなっている『デッドプール』。この度、6月の日本公開を前に「2016 MTVムービー・アワード」最優秀コメディ演技賞&最優秀バトル賞受賞を記念して、60秒の本編映像が解禁された。

かつて特殊部隊の有能な傭兵だった男、ウェイド・ウイルソン(ライアン・レイノルズ)は、好き勝手に悪い奴をこらしめ、金を稼ぐというヒーロー気取りの生活をしている。恋人との結婚を決意し幸せな日々を送っていたが、突然末期ガンを宣告される。ある組織から末期ガンが治せると聞かされた彼は、施設に連れて行かれ、そこで悲惨な人体実験を受ける。やがて、どんな攻撃を受けても回復できる肉体を手にするウェイド。しかし全身を醜く変化させられた彼は、施設から逃亡すると全身赤いコスチュームに身を包み自らを「デッドプール」と名乗るようになった。そして、自身を実験台にし人生を滅茶苦茶にした男に復讐を果たすことを決意する──。

本作は、元特殊部隊員が如何にして不死の体となり、超絶な戦闘能力を持つに至ったかを描く、マーベル史上最も無責任で自己中心的なアンチヒーロー“デッドプール”誕生のストーリー。キャストには、主人公のウェイド・ウイルソン/デッドプール役に、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でもデッドプールを演じたライアン・レイノルズをはじめ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T.J.ミラー、ジーナ・カラーノらが顔を揃えている。

「2016 MTVムービー・アワード」 最優秀男優賞、最優秀作品賞、最優秀女優賞、最優秀悪役賞、最優秀キスシーン賞、 最優秀バトル賞の6部門にノミネートされていた本作。4月9日(現地時間)に行われた本授賞式では、ライアンが 最優秀コメディ演技賞を受賞、さらには「デッドプール vs エイジャックス」の笑っちゃうほど アクロバティックな戦いが最優秀バトル賞に輝き、2部門受賞の快挙を成し遂げた。

そしてこの受賞を記念して、本編からとっておきの映像が到着! 今回解禁されたのは、“ミュータント仲間”であるネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(NTW)と、コロッサスを従え、戦いの場へと出向くシーン。右腕エンジェル・ダストに「やって来い」と命じるのは、デッドプールの宿敵エイジャックス/フランシス。下で構えるデットプールはNTWに「“スーパーヒーロー着地”だ。よく見てろ」と、スーパーヒーローたちが必ずやる物凄い速さの着地を茶化しながら、「ヒザに悪い。でもみんなあれをやる」と一言。

「俺はフランシスと戦うから、彼が相手だ」とエンジェルにコロッサスを差し出すデットプールだが、「女は殴らない主義だから」というコロッサスにエンジェルから破壊力万点の一撃が…。吹っ飛ばされる仲間を目撃したデッドプールは「この時のためにこの子を連れてきた」となんとも調子のいい言葉でNTWへ水を向けるも、ティーンのNTWはツイート中!? ツイートが終わったNTWの攻撃にも注目だ。


『デッドプール』は6月1日(水)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top