ベン・アフレック、新作『バットマン』映画で主演兼監督へ!

最新ニュース

ベン・アフレック-(C)Getty Images
  • ベン・アフレック-(C)Getty Images
  • ベン・アフレック
  • ベン・アフレック-(C)Getty Images
ベン・アフレックが新たに製作の決まったバットマン映画で主演と監督を兼任することが発表された。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で新たなバットマン役を演じているベンが、バットマンを主役に据えた新作映画でその役柄を続投することになったことをワーナー・ブラザースのケビン辻原CEOが認めた。

シネコンで『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の成功について話した辻原氏は「2020年までに最低10作品を予定しているDCコミックのシリーズの素晴らしい基盤となりました」「またベン・アフレックとバットマン単独映画で一緒に仕事が出来ることになってとても喜んでいます」と語った。

今回明らかになったバットマンの新作映画の公開日は決定していないものの、先日発表された2018年10月5日(現地時間)と2019年11月1日(現地時間)公開を目指すタイトル未定のDC作品の1つになると予想されており、一方でもう1作品は『スーサイド・スクワッド2』になると見込まれている。

すでにDCシリーズ作品は『スーサイド・スクワッド』『The Justice League』(原題)2作品、『The Flash』(原題)『Wonder Woman』(原題)『Aquaman』(原題)『Shazam』(原題)『Cyborg』(原題)『Green Lantern』(原題)の2020年までの公開が決定している。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top