鈴木亮平『HK/変態仮面』、禁断の初地上波決定!新作の場面写真も解禁

映画

『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』(C)あんど慶周/集英社(C)2016「HK2」製作委員会
  • 『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』(C)あんど慶周/集英社(C)2016「HK2」製作委員会
2013年、盟友・小栗旬の鶴のひと声から実現した鈴木亮平主演、福田雄一脚本・監督の『HK/変態仮面』。このほど、そのまさかの続編『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』の劇場公開に合わせ、前作の“禁断”の地上波初放送が決定! さらに本作から新たな場面写真も解禁となった。

パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせていたが、狂介(鈴木亮平)は相変わらず愛子(清水富美加)のパンティを被っては、悪を倒していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティを返してもらうが、徐々に2人の心はすれ違い始める。気づかぬうちに愛子を傷つける狂介のことを、同級生の真琴正(柳楽優弥)が憎しみに満ちた目で見つめていた。愛子を失った上、世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、今度は最強の敵が現れる――。

「週刊少年ジャンプ」黄金期に連載された伝説コミックが、まさかの実写化となった前作。12館スタートの小規模公開の映画ながら、動員数13万人、興行収入2億円というスマッシュヒットを記録、DVD化されるやカルト的な人気を集めることになった。その後、主演の鈴木さんを始めとする主要キャスト陣のブレイクがあったものの、約束通り再集結が実現したのが本作だ。

今回、新たに解禁となった場面写真では、本作から参戦することになった柳楽優弥の怪演ぶりも明らかにされている。大学生となった狂介と愛子のキャンパスでの様子に加え、彼らに不気味な視線を送る柳楽さん演じる真琴正の姿が! そして、前作で変態仮面に敗れたはずの、ムロツヨシ演じる大金玉男も登場していることが分かる。

なお、本作の公開に合わせて放送される第1作は、なんと地上波では初めて。DVDは驚異のレンタル回転数を誇り、様々なプラットフォームでVOD配信でも盛り上がりを見せていたものの、これまで放送されたのは、BS&CSのみ。公開から3年経ったいま、初地上波には全国のTV局が名乗りを上げたようで、「12館という小規模公開の上に、インパクトの強いコンテンツにも関わらず、全国の各テレビ局が放送を決めてくれるなんて!」と、担当スタッフも異例の放送数に驚きを隠せないという。もちろん、パンティを被った興奮の力で悪を倒すという設定のため、全て深夜帯での放送となっている。

「映像を流せない」と情報番組などから断られることも珍しくないという、『HK/変態仮面』の禁断の地上波放送。全国に広がる“HK”の輪に、乞うご期待!

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は5月14日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

『HK/変態仮面』は5月7日(土)26時より東京メトロポリタンテレビジョン2(MXTV2)ほか全国12局で放送予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top