【特別映像】バットマンvsスーパーマン、「GOTHAM/ゴッサム」キャスト陣はどっち派!?

海外ドラマ

「GOTHAM/ゴッサム<セカンド・シーズン>」
  • 「GOTHAM/ゴッサム<セカンド・シーズン>」
  • 「GOTHAM/ゴッサム<ファースト・シーズン>」
誰もが知る2大ヒーローの戦いを描き、全世界で大ヒット中の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。その公開に合わせ、DCコミックス発の海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」キャスト陣からも、どちらを応援するのか特別インタビューが到着。まずは、ゴッサムシティで暗躍するヴィランの1人、“ペンギン”を演じるロビン・ロード・テイラーが“どちら派か”を明かしてくれた。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を皮切りに、ついに本格始動したProject DCコミックス。海外TVドラマシリーズも、スーパーマンの従妹が活躍するポップでキュートな「SUPERGIRL/スーパーガール」、DCヒーローたちが勢揃いしてを倒す「レジェンド・オブ・トゥモロー」など、話題作が続々と日本上陸。

もちろん、闇の騎士バットマン誕生以前のゴッサム・シティを描いた本作「GOTHAM/ゴッサム」も人気を博しているが、おなじみの人気キャラを演じるキャスト陣の間でも、「バットマン派」か「スーパーマン派」かで意見が分かれているという。

そんな中、届いた第1弾の特別インタビューは、オズワルド・“ペンギン”・コブルポットを演じているロビン・ロード・テイラー。「ヘンリー・カビルが演じるスーパーマンは今までとは全く違うイメージ」としながらも、これまでクリスチャン・ベイルやマイケル・キートン、ヴァル・キルマー、ジョージ・クルーニーと錚々たる俳優たちが演じてきたバットマンを、今回ベン・アフレックが演じることには注目している様子。若きブルース・ウェインを演じる共演者デヴィッド・マズーズは、「“まだ”バットマンじゃない」と笑顔を見せているが…。


バットマンにゆかりのある本作に出演する彼は、果たして、どちらを応援するのか? なお、今後はほかのキャスト陣の意見についても、GOTHAM CITY PROJECTにて順次明らかにされていくという。

「GOTHAM/ゴッサム<セカンド・シーズン>」 はデジタルセル先行配信中、今秋ブルーレイ&DVDリリース、海外ドラマ専門チャンネルAXNにて日本独占初放送中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top