【インタビュー】レイチェル・マクアダムス 転機になった『スポットライト 世紀のスクープ』

最新ニュース

レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』(C)MASAHIRO MIKI
  • レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』(C)MASAHIRO MIKI
  • レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』(C)MASAHIRO MIKI
  • 『スポットライト 世紀のスクープ』(C)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC
  • 『スポットライト 世紀のスクープ』(C)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC
  • レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』(C)MASAHIRO MIKI
  • 『スポットライト 世紀のスクープ』(C)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC
  • 『スポットライト 世紀のスクープ』(C)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC
  • レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』(C)MASAHIRO MIKI
「第88回アカデミー賞」で作品賞&脚本賞をW受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』に出演したレイチェル・マクアダムスが初来日を果たし、キャリアの転機となった本作について語った。

カトリック教会が長年にわたり、神父による児童性的虐待を隠ぺいしていたスキャンダルを、ボストン・グローブ紙の精鋭記者チームが執念の取材で暴いた実話を描く本作。チーム唯一の女性記者・サーシャを演じ、アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた。当初はシナリオに感銘を受ける一方で、「いまの観客が、ここまで硬派な作品を求めているのだろうか? 敬虔なカトリック信者の反応も気がかりだった」と不安な気持ちをふり返る。

それでも「語り継がれるべきテーマだし、私自身も物語に強い情熱を感じた」といい、出演を決断。『きみに読む物語』『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』などでキュートな魅力を振りまき、“ラブロマンスの新女王”の呼び声も高まる中、本作では虐待の被害者と向き合い、粘り強い取材を重ねる記者役を真正面から演じきった。役作りにインスピレーションを与えたのは、実在のモデルである記者のサーシャ・ファイファーさんだ。

「本人に会って、思いつく限りの質問をしたわ。例えば『腕時計は着けていたの?』とかね。ただ、気が付くと、私の方が彼女に自分の話をしていた。何でも打ち明けたくなる雰囲気をもった女性なのよ。きっと取材を受けた被害者も、同じ気持ちだったはず。セリフにもあるけど、調査報道は『暗闇で真実を手探りする』ようなもの。無駄に終わる可能性があっても、ジャーナリストとしての信念を貫き通す姿には、大いに感銘を受けたわ」。

真実に“スポット”が当てられた最大の要因は、記者チームの結束力。映画ではレイチェルをはじめ、助演男優賞にノミネートされたマーク・ラファロや名優マイケル・キートンら実力派が顔をそろえるアンサンブルが大きな見どころだ。「題材はシリアスだけど、雰囲気は和やか。マークは“お笑い担当”で場を和ませてくれたわ。いままで出演した作品の中で、最もすばらしいキャスティングだったと断言できる。家族のような結束があったわ」。

2002年、ボストン・グローブ紙が巨大権力の大罪を報じると、全米各地で被害者たちが声をあげたが、同じような現象は本作公開後にも巻き起こったそうだ。「被害者の皆さん…私たちは“生還者”と表現しているけど、映画が彼ら“声なき者たち”に声を上げる勇気を与えたのなら、これ以上意義深いことはないわ。驚いたのは、カトリック教徒のコミュニティが作品を支持してくれたこと。信仰心はそのままに、罪は罪だと認識してくれたの」。

アカデミー賞作品賞を受賞した翌日から、全米では上映規模が1,500館に拡大され、興行成績も伸ばしている。「ジャーナリズム精神が失われつつあると言われる現在、映画が注目を浴びることで、文字通り、影のヒーローである記者の仕事に“スポット”が当てられるのは非常に喜ばしいこと。この作品が巻き起こした反響を通して、映画の力を実感したし、女優としても大きな励ましになった。私にとってキャリアの転機になった重要な作品だわ」。
《text:Ryo Uchida》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top