【予告編】『サラの鍵』原作者が再び描く哀しき家族の真実…『ミモザの島に消えた母』

映画

世界中に衝撃と涙を与えた『サラの鍵』の原作者タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を基に映画化した『ミモザの島に消えた母』。このほど、美しい西フランスの海に消えた“母の死”にまつわる、ある家族の秘密に迫った予告編が解禁となった。

30年前、冬に咲く小さな花から通称“ミモザの島”と呼ばれる島の海で、1人の若い女性が謎の死を遂げた。40歳になったいまでも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。果たして当時、何があったのか? 妹アガッタや恋人のアンジェルの協力を得て、ミモザの島を訪れたアントワンは、自分が知らなかった母のもう一つの顔、そして家族が隠し続けてきた衝撃の真実に辿り着くのだったが…。

「サラの鍵」原作者のベストセラー小説を、『ムード・インディゴ うたかたの日々』『クリムゾン・リバー』のローラン・ラフィットや『人生はビギナーズ』『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロランなどフランスの実力派俳優を迎えて映画化した本作。謎に満ちた母の死の真相を緊張感あふれるサスペンスフルなタッチで紐解いていきながらも、誰もが抱える感情の機微を丁寧に掬い上げ、封印されてきた真実を掘り起こすことで、心の解放と救いを得ていく姿を丁寧に描きだしていく。

解禁となったポスタービジュアルは、「もし、語られてきた家族史がすべて偽りだとしたら――?」という胸に刺さるようなコピーがあしらわれ、愛する母を失った悲しみと同時に、家族の秘密に迫っていく兄妹の固い絆が感じられるものとなっている。

同時に解禁された予告編では、母の死に疑念を抱くアントワンが“ミモザの島”を訪れたことをきっかけに、遺体発見現場に関する知人の証言や母の遺品である時計といった手がかりを見つけ出していく。“ただ真実が知りたいだけ”。そんな願いとは裏腹に、「掘り返すな」と釘を刺す父。アントワンの怒りの矛先は、話題をはぐらかそうとする父や祖母に向けられ、家族間の対立が緊迫の中に映し出されていく。彼は妹のアガッタ、恋人のアンジェルの協力により、幼き日の記憶の扉が少しずつ開いていくのだが…。


『クロワッサンで朝食を』『セラフィーヌの庭』の撮影を手がけたロラン・ブリュネが映し出す、物語の謎を解くキーであり、引き潮時にだけ海中から現れる道“パッサージュ・デュ・ゴア”のミステリアスな美しさが目を引き、“家族とは何か”を考えさせる余韻に満ちた予告編。哀しい秘密を共有したとき、家族は互いに赦し、分かち合い、明日への一歩を踏み出すことができるのか、引き続き注目していて。

『ミモザの島に消えた母』は7月23日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top