ジョニー・デップ夫妻、愛犬持ち込み騒動について謝罪

最新ニュース

ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
ジョニー・デップの妻、アンバー・ハードは18日(現地時間)、昨年5月のオーストラリア訪問時に愛犬2匹を申告せずに持ち込んだことを認め、ジョニーと2人で謝罪を表明するビデオをクイーンズランド州の法廷に提出した。

アンバーは昨年5月、ジョニーが『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作を撮影中のオーストラリアをプライベート・ジェットで訪問。愛犬のヨークシャーテリア2匹について申告しないまま入国していたことが、2匹の世話をした地元のトリマーのSNSへの投稿から発覚した。

犬2匹の密輸罪に問われ、有罪が確定すれば最長で禁固10年か25万5,000豪ドルの罰金を科せられる可能性があったアンバーは、入国カードに虚偽の記載をしたことを認めたことで密輸罪については処分保留となった。

アンバーとジョニーの謝罪ビデオは公判中に再生され、夫妻はオーストラリアの検疫制度を尊重すると表明。アンバーが「オーストラリアはユニークな植物や動物、そして人々の宝庫です」と口火を切ると、ジョニーが「それは保護されなければなりません」と続ける。アンバーはさらに「オーストラリアは、世界各地に広まっているペットや病気とは無縁の土地です。だからこそ、オーストラリアはこれほど厳しい検疫制度をもうけているのです」とコメント。「オーストラリアの人々はユニークです。温かい人柄で率直です。オーストラリアの法を無視する者には、はっきりと言うでしょう」というジョニーの言葉を受けて、アンバーは「ピストルとブーを申告しなかったことを心から申し訳なく思っています。オーストラリアを守ることは重要です」と謝罪。最後はジョニーが「オーストラリアに持ち込むものはすべて申告してください」と締めくくった。

オーストラリアは厳しい検疫制度で知られており、本来ならば持ち込まれた犬は10日間隔離される。この決まりを無視した行為に当時の農相が殺処分も辞さない厳しい態度を示したことから、夫妻はすぐに愛犬2匹をロサンゼルスに送り返した。

その後、「2度とオーストラリアには行かない」などと発言していたアンバーだが、18日(現地時間)にはジョニーとともにクイーンズランド州サウスポートの治安判事裁判所に出廷した。アンバーは検疫書類への虚偽記載について、1,000豪ドルの支払いを言い渡された。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top