山崎賢人、「キングダム」オフショットを公開!被災地へエールも

最新ニュース

人気若手俳優の山崎賢人が、大人気漫画「キングダム」の連載10周年記念実写特別動画にて、主人公の信を熱演した3分間の特別動画が先日より公開。大きな反響を呼んでいる中、昨日4月19日、自身のブログにて本撮影時のオフショットを初公開した。

ときは紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年もの間、動乱期にあった。戦国七雄の一つ“秦国”の身寄りのない少年・信と漂は、いまは奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見ながら、修行に励む。そんな2人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから、運命の歯車が動き出し…。

原作は、原泰久による中国・春秋戦国時代を舞台にした大人気漫画。若者から40代の幅広い年齢層に絶大な人気を誇り、累計発行部数は2,300万部を突破。最近では、アニメ化やバラエティ番組で特集が組まれるなどさらに話題となっており、この度、原作漫画が「週刊ヤングジャンプ」にて連載10周年を迎えた記念に、実写による特別動画の制作が決定。ファンの間からは不安と期待が入り交じる声が多く上がっていた。

今回、山崎さんは主人公の信を熱演。山崎さんといえば、『L・DK』『ヒロイン失格』『orange』『オオカミ少女と黒王子』と少女漫画原作の映画に立て続けて出演し、ヒロインとラブストーリーを繰り広げるイケメン役を数多く担当。その爽やかな笑顔と演技力で大勢のファンを虜にしている若手実力派俳優だが、3分間に渡る本特別動画の中では、泥まみれになりながら、敵に立ち向かう迫真の演技を披露。撮影は、中国浙江省にある“東洋のハリウッド”と呼ばれる世界最大級の映画撮影所・横店影視城で行われ、山崎さんの演技はもちろん、舞台装置や衣装など、細部に至るまで「キングダム」の世界観を秀逸に再現した動画に仕上がっている。

本撮影について山崎さんは自身のブログで「キングダムの世界にタイムスリップした気分で、キングダムの世界を、名シーンを表現することに、ワンシーンワンシーン、興奮しながら撮影してました」とふり返り、ファン待望のオフショットを初公開。壮大なスケールのロケ地を背景に、衣装に身を包んだ山崎さんが、剣を振りかざす姿やキメ顔を向けているショットからは、本編の“信”とは違い、無邪気な笑顔が垣間見え、撮影を楽しんでいる様子が伺える。

また、公開された動画について「カッコイイ 信に似てる」「キングダム、動画見ました! いままでの賢人くんが演じてきた役と、かけ離れていて、すごく新鮮でした元々、キングダムは知らなかったのですが、これを機に見てみたいと思います!」「腕の筋肉に ドキッとしました 凄く 男らしくて 素敵です」「キングダムいつもの賢人くんと違う感じがしてすごい楽しみ!!」など…多くの反響が寄せられている。

さらに、熊本震災について「熊本のみなさん、九州のみなさんのことが心配です」と綴り、「ファンの皆さんからは、いつもパワーを頂いています。僕もみなさんにパワーを送りたいです。僕の仕事を通じて、少しでも皆さんの励みになったり 背中を押すきっかけになったら良いなと、強く思って日々を送っています」とブログを通してエールを送った。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top