押井守監督最新作『ガルム・ウォーズ』、世界観映す場面写真が一挙公開!

映画

『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
  • 『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
  • 『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
  • 『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
  • 『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
  • 『ガルム・ウォーズ』-(C)I.G Films
『攻殻機動隊』シリーズ 、『イノセンス』などを手がける押井守監督が、構想15年をかけて異国の地・カナダで全身全霊を捧げて撮影してきた『ガルム・ウォーズ』。この度、本作の世界観を映し出した場面写真が解禁となった。

遙かなる古代、戦いの星・アンヌン。ここには創造主・ダナンがつくったクローン戦士・ガルムと彼らから神聖視される犬・グラと、鳥が生息している。ガルムはたとえ命を落としても、その個体の記憶をクローンの脳に転写することで、幾世代も生き延びてきた。ダナンが星を去った後、覇権をめぐり3部族の抗争が続いていた。ある日、空の部族・コルンバの女性飛行士「カラ」は、陸の部族・ブリガの兵士「スケリグ」との戦闘の最中、情報操作に長けた部族・クムタクの老人「ウィド」と出会う。我々は何処から来て何処へ行くのか。ウィドが投げかける不可思議な問いによって、敵同士である彼らの間に奇妙な連帯が生じ、3人は「ガルムの真実」を探る旅に出る。しかし、それは神の怒りに触れる行為だった――。

かねてより「実写とアニメーションは融合して区別がつかなくなる」と提唱してきた押井監督は、『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など数々の作品を共にしてきた世界的アニメーション製作会社「Production I.G」とオール北米ロケを敢行。言葉も通じぬ異国の地で、日本人は監督含めスタッフ7人。外国人俳優を起用して撮影に挑み、アニメーションと実写の境界線を越えた新しい映像を作り上げた。また、スタジオジブリ・鈴木敏夫が、盟友・押井監督を支えるため、本作の日本語版プロデューサーに就任。『イノセンス』以来、12年ぶりの強力タッグとなっている。

これまで実写とアニメを交互に作り続けるという監督人生を送ってきた押井監督。本作はアニメーションの手法で作られた実写作品であり、そんな押井監督の集大成となる作品ともいえる。アニメ作品では、絵を描くスタッフが実際の画面を描き始める前に、絵コンテやイメージボードと呼ばれる準備段階にしか使用しないグラフィックを大量に作り、映画のイメージをじっくりと練り上げるのだが、本作でも、アニメ同様の入念な準備をして撮影に臨んでいる。さらに、撮影後の画面加工についても通常の実写作品とは異なり、動画を構成する画像の1枚1枚を、加工専門のスタッフが極限まで美しく仕上げる方法を採っている。

その結果、今回公開された場面写真からも分かるように、映画の1コマ1コマが絵画の作品であるかのような高品質なクオリティーとなっている。このコマ同士がつながったときに一体どんな映像がスクリーンに映し出されるのか、公開を楽しみに待ちたい。

『ガルム・ウォーズ』は5月20日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top