ブルーノ・マーズ、再び盗作疑惑?22億円の賠償求める訴訟が勃発

最新ニュース

ブルーノ・マーズ - (C) Getty Images
  • ブルーノ・マーズ - (C) Getty Images
  • ブルーノ・マーズ - (C) Getty Images
  • ブルーノ・マーズ - (C) Getty Images
  • ブルーノ・マーズ - (C) Getty Images
マーク・ロンソンとコラボした「Uptown Funk」が今年のグラミー賞で最優秀レコード賞に輝いたブルーノ・マーズ。その「Uptown Funk」はギャップ・バンドの「Oops Up Side Your Head」に酷似しているとして訴訟を起こされ、作曲者のクレジットにギャップ・バンドのメンバーやプロデューサーのロニー・シモンズを追加、ロイヤリティも配分されることになり問題となったが、今度は違う曲に訴訟問題が起きていると「HollywoodLife.com」が報じている。

今回、ブルーノが直面しているのは2010年の大ヒットソング「Grenade」が盗作だとして刑務所に服役中のジョナソン・パケット氏から約22億円の賠償金を求められている件。

ジョナソン氏の主張は、ブルーノが「Grenade」を発表するずっと前に自身がYouTubeに投稿していた「Cry」という曲に「Grenade」が曲も歌詞も似すぎているとのこと。ジョナソン氏は動画を投稿した当時、ブルーノが現在所属している「アトランティック・レコード」と仕事をしており、「Grenade」が発売される13か月前に「Cry」のリリースが決定していたと言う。しかし彼はどんな罪かは明らかになっていないが、刑務所に服役することになり、リリースはお流れに。なぜいまさら訴えを起こしたのかというと、服役中のため最近になって初めて「Grenade」を聴き、自分の曲を盗まれたと実感したらしい。

ヒット曲が生まれると起こりがちな盗作疑惑問題。テイラー・スウィフトやレディー・ガガなども歌詞や曲、MVの盗作疑惑で過去に訴訟を起こされている。

《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top