【インタビュー】大泉洋&有村架純 『アイアムアヒーロー』おススメ見どころポイント講座

最新ニュース

有村架純、大泉洋『アイアムアヒーロー』/photo:Naoki Kurozu
  • 有村架純、大泉洋『アイアムアヒーロー』/photo:Naoki Kurozu
  • 大泉洋『アイアムアヒーロー』/photo:Naoki Kurozu
  • 有村架純『アイアムアヒーロー』/photo:Naoki Kurozu
  • 『アイアムアヒーロー』 - (C) 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C) 花沢健吾/小学館
  • 有村架純、大泉洋『アイアムアヒーロー』/photo:Naoki Kurozu
  • 『アイアムアヒーロー』 - (C) 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C) 花沢健吾/小学館
  • 大泉洋『アイアムアヒーロー』/photo:Naoki Kurozu
  • 『アイアムアヒーロー』 - (C) 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C) 花沢健吾/小学館
【ZQN】(読み:ぞきゅん/名詞):原因不明の感染によって、人格を失い攻撃性が増し、周囲の人間を襲うようになった人間、またその状態。感染していない人間に噛みつくことで、さらなる感染を引き起こす。個体ごとに動きなどが異なり、以前の日常生活における挙動が、感染後も行動様式に現れることがある。

映画『アイアムヒーロー』は、ある日突然、このZQNがいっぱいになった世界が舞台となっている。はい、この時点で何割かの人――特に女性は「そんな映画、絶対観られない!」と拒否反応を示していることと思います。でも、ちょっとだけ待ってください! これは、おそらくあなたが頭の中で思い描いているであろう、日本独特のホラーとは全く異なるタイプのアクション映画になっている。むしろ、観終わった後にスポーツでもしたかのような爽快感さえ残る。世界各国の映画祭で「観客賞」に輝いてきたエンタメ性は伊達じゃない。

いわゆる怖い映画に関して「普段は自分から進んでは観ない」という有村架純が語るこの映画の魅力とは? 実際に海外の映画祭で観客の生の反応、笑い、喝采に触れてきた大泉洋が語る、本作の楽しみ方とは? まずは「絶対無理!」と拒否する前に、2人の言葉から本作の何がそんなに特別なのかを感じてほしい!

有村さんは、この映画を「遊園地」という言葉で表現する。遊園地のワクワクドキドキするアトラクションに乗っているかのような作品。大泉さんが、その意味をこう補足する。

「“怖い”の質が明るい! ジェットコースターに乗っているかのような感じ。もし『私、ジェットコースターは嫌い…』というのであれば『でもこれはジェットコースターではないから』と(笑)。いわゆる、日本のホラー(例:『リング』『呪怨』)の怖さでは全然ないし、スプラッターでもない。ハリウッドのアクション大作の感覚です。僕らの世代でいうと『ターミネーター2』のような。観終わったら爽快で、気分良く帰れます」。

一方で、大人気漫画を原作にした日本映画らしい魅力と言えるのが、主人公・鈴木英雄のダメ男っぷり。これがハリウッド映画であれば、ブラッド・ピット、トム・クルーズといったイケメンスターが家族を守るため、身を挺して勇敢に戦うのだろうが、まさかの(失礼!)大泉さんが主演。おまけに英雄はサエない漫画家アシスタントで、恋人にも愛想をつかされ、せっかく武器の銃を手にしても、なかなか撃つ決心がつかない…。

有村さんは、そんな弱い男が「ヒーローになっていくのがかっこいい! ZQNがたくさん出てきて、英雄さんがひたすら撃って倒していくのは見ていて気持ちいいです」と大泉さん演じる英雄の魅力を語る。

大泉さん自身、演じながら英雄の勇気ではなく、むしろこの弱さに惹かれ、時に心打たれた。

「弱い男で、途中で比呂美ちゃん(有村さん)を守りきれないところもあるんですけど、そこは演じていて、すごくつらかった…。英雄にとって、(逃げる途中で偶然出会った)比呂美ちゃんは、荒廃しきった世界の中で、唯一、希望を手繰り寄せる糸みたいなもので、絶対に失えない存在だった。それを守り切れなかったのは…かわいそうだったなぁ。本当にダメな人間で(苦笑)。でも、気持ちは分かるんですよ。なかなか銃を撃つ決断できないよねって」。

そして、有村さん演じる比呂美もまた、ある特殊な形でZQNに感染することになるのだが、これがなんとも魅力的! ほとんどセリフがないにもかかわらず、しっかりと観る側に感情移入させてしまう。改めて有村架純、おそるべし!

「ZQNの心と人間の心をどちらも持ちつつ…でもZQNってどういうものなのか、誰にも分からない! 監督(佐藤信介)に聞いても、監督にも正解は分からなくて(苦笑)。どうしよう…? って」。

有村さんは比呂美を演じる上で感じた難しさ、困惑をそう明かすが、大泉さんは「まあ、とにかくかわいい! セリフなくとも存在感がすごくて、しゃべらなくても伝わってくる。ファン必見の新しい有村ちゃんがいると思います」と太鼓判を押す。英雄と比呂美のある会話のシーンでは、有村さんが思わず、当初のプランではなかった涙をポロリとこぼすシーンも。英雄、比呂美それぞれの心情を描くドラマのシーンも必見!

最後にもうひとつ、大泉さんから本作のおススメの楽しみ方について。ずばり、映画『アイアムヒーロー』は大人数で見るべし!

「友達同士で観に行くと、観終わった後、会話が止まらないと思います。観ながら『キャーッ!』と声を出してもらって。実際、海外の映画祭ではみんな、ゲラゲラ笑ったり、拍手したりしながら見ていました。恐れずに声を出して楽しんでほしいし、友達みんなで“肝試し”の感覚で観てもらえたらと思います!」
《photo / text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top