ホアキン・フェニックスが“キリスト役”?

最新ニュース

ホアキン・フェニック-(C)Getty Images
  • ホアキン・フェニック-(C)Getty Images
  • ホアキン・フェニック
  • ホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
ホアキン・フェニックスが新作映画『Mary Magdalene』(原題)のイエス・キリスト役候補に挙がっているようだ。

監督を務めるガース・デイビスがホアキンに出演のラブコールを送っているようだが、スケジュール上の問題がある可能性があると「Deadline」は報じており、すぐに契約成立とはいかないようだ。

ルーニー・マーラが演じることになる「マグダラのマリア」の名で知られるメアリー・マグダレンは、従者たちによって神の御子とあがめられたキリストに助けられ、キリストの従者となった人物だ。西方教会ではメアリーはしばしば娼婦として描かれていたものの、新約聖書の福音の中でメアリーが娼婦であるという記載は一つもない。

ヘレン・エドマンソンとフィリッパ・ゴスレットのコンビが脚本を執筆した本作は、この聖書に登場するメアリーを実物に近く人間主義的な表現で描くことになるという。

ユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル・プロダクションズとシーソー・フィルムズの共同製作となる『Mary Magdalene』(原題)は今夏に製作に入り、2017年の公開を予定している。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top