バカリズム、前田敦子主演ドラマで運命握る男に! 「とてもおいしい役」

最新ニュース

バカリズム「毒島ゆり子のせきらら日記」(C)TBS
  • バカリズム「毒島ゆり子のせきらら日記」(C)TBS
  • 「毒島ゆり子のせきらら日記」(C)TBS
  • 「毒島ゆり子のせきらら日記」(C)TBS
「二股」「不倫」といった恋愛テーマを描き、“深夜の昼ドラ”を目指す現在放送中のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」。この度、前田敦子演じる主人公・毒島ゆり子の運命を握る男・真田役にバカリズムが出演することが決定した。

新聞社に勤める毒島ゆり子(前田敦子)は、常に複数の男と関係を持つことを厭わない超恋愛体質女。そんなゆり子は念願だった政治部への異動を告げられ、しかも与党・誠心党の幹事長・黒田田助(片岡鶴太郎)の番記者という、異例の大抜擢を遂げる。そんな中、ライバル社、共和新聞の小津翔太(新井浩文)に出会い、惹かれていくが、彼は既婚者だった。ゆり子には自分に課したルールがある。二股、三股を掛ける時は必ず相手に伝える。そして不倫はしない。と、自分を戒めるゆり子だったが――。

キャストには、超恋愛体質の政治記者・ゆり子役の前田さんをはじめ、ゆり子と恋に落ちるエリート政治記者役に新井浩文、ゆり子の長年の恋人役に渡辺大知、そのほか片岡鶴太郎、山崎銀之丞、橋爪淳などが集結。様々な女性が持つ、まさに“せきらら”な恋愛観や仕事の悩みをリアルに描き、恋に溺れ、壮絶な最後を迎えるまでを描く。

今回ゲスト出演が決定したバカリズムさんは、お笑い芸人としての活躍のほか、ドラマ「下町ロケット」としての役者業、竹野内豊主演ドラマ「素敵な選TAXI」では脚本も担当し、活動の幅を広げている。

そして今回バカリズムさんが演じるのは、真田という男。彼はある日突然、前田さん演じるゆり子の前に現れ、衝撃的な言葉を告げる。ドラマ中盤、真田の登場により物語が一気に急展開を迎えることになる重要な役だという。そんなバカリズムさんは、すでにクランクイン済みだが、今後の撮影では、ゆり子、新井さん演じる小津を巻き込んだドラマ最大の山場も用意されており、ゆり子の運命を揺るがすことは間違いないようだ。

ゲスト出演が決定したバカリズムさんは「とてもおいしい役をいただき、光栄です」と喜びを語り、「前田さんを中心に現場の雰囲気がとても和やかで初日から楽しく参加させていただきました」と撮影をふり返った。そしてさらには「居心地が良いので、もう何話か出たいなあと思いました。もし別の役で人員が足りない場合はご連絡ください」と早くも再出演をアピールしていた。

「毒島ゆり子のせきらら日記」は毎週水曜日24時10分~TBSにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top