スーパー歌舞伎「ワンピース」がスクリーンに!シネマ歌舞伎化決定

最新ニュース

スーパー歌舞伎II(セカンド)「ワンピース」
  • スーパー歌舞伎II(セカンド)「ワンピース」
  • スーパー歌舞伎II(セカンド)「ワンピース」ビジュアル
国内外で絶大な人気を集めるマンガ「ONE PIECE」と四代目市川猿之助による「スーパー歌舞伎II」が奇跡の融合を果たした、「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」。先日大千穐楽を迎えた本舞台が“シネマ歌舞伎化”として劇場で公開されることが分かった。

単行本として世界最高の累計発行部数3億2,000万部を誇り、国内外で絶大な人気を集めるマンガ「ONE PIECE」と、次世代を担う歌舞伎俳優の一人であり、三代目市川猿之助(現二代目猿翁)が歌舞伎とをコラボさせ生み出した「スーパー歌舞伎」。その精神を受け継ぎ、四代目市川猿之助が「スーパー歌舞II(セカンド)」を創出。

人気マンガと歌舞伎とのコラボに、世間では製作発表時から話題沸騰。公演が始まってからも、歌舞伎風のアレンジが絶妙にマッチした登場人物たちが舞台、花道、客席を所せましと駆け巡り、大量の水が滝のように流れる中での大立廻りや、2階・3階席からも手が届きそうな宙乗り、最新のプロジェクションマッピング、ミュージカルさながらのダンスなど、エンタテインメント性溢れる演出に、観客は大熱狂。また、「ONE PIECE」の魅力の一つでもある、仲間との絆を描くドラマは歌舞伎版にもしっかりと盛り込まれ、ワンピースファン、歌舞伎ファンではない人たちからも高評価を獲得。瞬く間に口コミが広がり、チケットは入手困難になったほどだ。

本公演は、昨年10月に新橋演舞場を皮切りに松竹座を経て博多座で公演。そして大千穐楽を迎えたこの日、興奮冷めやらぬ超満員の劇場で、カーテンコールに立った主演の市川猿之助が「4か月一緒だった仲間とも今日でお別れです。しんみりして終わるのはいやだから発表します! このワンピース、シネマ歌舞伎になります! 全国の映画館で上映されます。見に来てください!」とシネマ歌舞伎化を発表。会場からは割れんばかりの盛大な拍手と歓声が沸き起こったという。

シネマ歌舞伎版は、2015年11月1日の新橋演舞場公演を撮影。映像ならではのカットを盛り込み、舞台版の魅力のエッセンスを凝縮、上映時間は2時間弱と見やすく、幅広い層が楽しめる映像作品に仕上がっているそう。

さらに、猿之助さんの口から、来年には“再演”することが発表! 映画化&舞台の再演と、ファンには嬉しいダブル・サプライズで、今秋から来年へと“ワンピース旋風”は吹き荒れそうだ。

シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎II ワンピース』は10月22日(土)より東劇・新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top