【特報映像】世界20か国のオープニング興収No.1! 『キング・オブ・エジプト』9月日本公開へ

映画

世界20か国でオープニング興行収入No.1を記録した『Gods of Egypt』(原題)。今回、邦題を『キング・オブ・エジプト』として、9月9日(金)日本でも公開することが決定。また併せて、本作のティザーポスタービジュアルと、特報映像も到着した。

舞台は、古代エジプト。神と人間が共存する中、残虐な暴君により人々が苦しめられていた世界で、エジプトの王座をかけたバトルが勃発。世界の運命を託されたのは、コソ泥青年・ベック。本作は、“神の眼”を盗み、エジプトの王座を狙うベックの冒険が壮大なスケールで描かれている。監督には、『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤスが務め、古代エジプト”をアトラクション体験出来るかのような映画に作り上げた。

キャストには、死後の世界から恋人を救い出すため、“神の眼”を盗む泥棒・ベック役には、オーストラリアを代表するイケメン若手俳優、ブレントン・スウェイツ。そして、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で囚われの美女として世界を魅了した、コートニー・イートンが死後の国で愛を待つベックの恋人に扮する。さらに、王座と視力を奪われ復讐とエジプト奪還に燃える天空の神には、「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドー、楽園のテロリストにして砂漠の神・セト役 には、『300 <スリーハンドレッド>』のジェラルド・バトラーが好演している。そのほか、『G.I.ジョー バック2リベンジ』のエロディ・ユン、 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジェフリー・ラッシュと豪華キャストがたちが集結している。

今回解禁されたのは、ピラミッドをバックに、光り輝くエジプトの王に君臨するための鍵を握る重要なアイテム 、“神の眼”を握りしめたベックの勇ましい姿が印象的なビジュアル。

そして併せて特報映像も到着。映像では、次々と試練が押し寄せ、窮地に追いやられるベックの姿が映し出されている。建物が倒壊され逃げ狂う人々、そして襲い掛かる奇妙な巨大スフィンクスやコブラに、仕掛けだらけの神殿…。果たして彼の運命とは、一体どうなってしまうのか。公開を楽しみにしていて。


『キング・オブ・エジプト』は9月9日(金)よりTOHOシネマズスカラ座ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top