ケンコバ、ボケたつもりが土下座事態に!『遊☆戯☆王』大ヒット御礼

最新ニュース

『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 林遣都『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶
連載20周年の節目に、原作者の高橋和希氏が製作総指揮として、脚本とキャラクターデザインを手がけた『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の大ヒット御礼舞台挨拶が5月8日(日)、東京・新宿バルト9で行われた。

舞台挨拶には風間俊介(武藤遊戯役)、津田健次郎(海馬瀬人役)、高橋広樹(城之内克也役)、竹内順子(海馬モクバ役)、林遣都(藍神役)、花澤香菜(セラ役)、ケンドーコバヤシ(百済木役)、「ジャングルポケット」の3人(百済木軍団)、桑原智監督が出席した。

連載終了から1年後の世界を舞台に、もうひとりの人格・アテムとの戦い“闇遊戯”を経て、日常を取り戻したかに見えた武藤遊戯が新たなデュエル(決闘)に身を投じる。公開15日間で、観客動員は31万人を突破。6月の韓国公開を皮切りに、世界各地での公開が順次決まっており、風間さんは「このお祭りをまだまだ続けたいので、ぜひもっと盛り上がってください」と感激しきり。林さんは「(大ヒットに続き)超ヒット御礼舞台挨拶でまたお会いしたい」とさらなる飛躍に期待を込めた。

そんなお祭り騒ぎの舞台挨拶を、さらに盛り上げたのがケンコバさん。お気に入りのシーンを聞かれて「毛利小五郎が…」と現在公開中の某大ヒットアニメを引き合いにひとボケかましたつもりが、風間さんから「いま、僕らが一番戦っている相手なんですから…」と冷静なツッコミをされてしまい思わず土下座。ケンコバさんの後輩にあたる「ジャングルポケット」の3人が「カメラマンさん、撮らないで~」とかばっていた。

『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top