大人トランクスが久々登場!「ドラゴンボール超」新章スタート

最新ニュース

2016年2月で放送30周年を迎えたアニメ「ドラゴンボール」シリーズ。現在、「ドラゴンボール超(スーパー)」と銘打ってテレビシリーズが放送中だが、この度、原作者・鳥山明がストーリー&キャラクター原案に携わった新展開がスタートすることが決定。未来から再びトランクスがやってくる「“未来”トランクス編」が6月より開始される。

原作漫画「ドラゴンボール」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて1984年より連載され、単行本・完全版の累計発行部数は全世界で2億3,000万部を超える、日本を代表する漫画のひとつ。アニメ版は1986年より放送開始、以降「ドラゴンボールZ」「ドラゴンボールGT」「ドラゴンボール改」「ドラゴンボール改(魔人ブウ編)」とシリーズを重ねてきた。2015年7月からは現在放送中の「ドラゴンボール超」がスタート。物語の舞台を、悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球のその後に移し、原作者・鳥山氏オリジナル原案が描かれる。

そして、6月12日(日)、「ドラゴンボール超」が新たな展開を迎える。第6宇宙との格闘試合を終えた悟空たちの元へ、未来から再びトランクスがやってくる待望の新章「“未来”トランクス編」がスタートする。セルを倒し、平和を掴んだはずの未来のトランクスはなぜ再び現代へ現れたのか? 未来の新たなる敵とは? 

久しぶりの大人トランクスが登場する新章について鳥山さんは「これは編集部からいただいた案からヒントを得てストーリーを構築したものです。前回のように、ボクが全体のあらすじを書き、それを脚本家の方が1話ずつの内容にまとめてくれたり、膨らませてくれたり、変更したり、付け足してくれたりしてよりおもしろくなるように頑張ってもらっています」と制作秘話を明かした。

また、「あの強いトランクスが未来から、命からがらまたやってきます。平和になったはずなのにいったいなにがあったのか!? そしてトランクスでさえ敵わないほどの強敵ゴクウブラックとは!? (名前で、なんとなく想像できちゃうけど)。破壊神や界王神、全王までをも巻き込み、時空を超えた闘いが始まります! さらにいろいろな謎も明らかに! あちこち時代が変わったりしてややこしい部分もあるかもしれませんが、ちょっとだけ我慢してね。きっと楽しい話になるはずです」と見どころを熱く語った。

「ボクも完全な脚本は確認していません。いっしょにドキドキしましょう(笑)!」と、鳥山氏もファン同様に楽しみにしている本シリーズに期待したい。

「ドラゴンボール超」は毎週日曜日、9時よりフジテレビほかにて放送中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top