【予告編】「U2」ボノも絶賛!80’S音楽が彩る甘酸っぱい青春『シング・ストリート』

映画

『はじまりのうた』『ONCE ダブリンの街角で』で、映画と音楽の融合の幸福感を改めて示したジョン・カーニー監督の最新作『シング・ストリート 未来へのうた』。このほど、「U2」ボノも「2016年ベストムービー」と大絶賛を贈る本作から、予告編映像とポスタービジュアルが解禁となった。

1985年、大不況下のアイルランド・ダブリンが舞台となる本作。父親の失業のため、公立の荒れた学校に転校させられ、両親のけんかで家庭は崩壊寸前、学校では早速いじめに遭う主人公のコナー。

解禁された予告編では、憂鬱そうな顔をし、いまにも壊れそうだったコナーが、ロンドン発の最新音楽と自称モデルのラフィーナと出会う。彼女を振り向かせるために、バンドを結成、ストリートや川辺でPVのゲリラ撮影を重ねながら、未来へ向かって走り出すコナーの姿が垣間見える。

もちろん、映像を彩る音楽も魅力的で、劇中でコナーたちのバンド「シング・ストリート」の曲として使用されている80年代風の親しみやすい楽曲は、すべてオリジナル。また、「デュラン・デュラン」「ザ・キュアー」「ザ・クラッシュ」「ザ・ジャム」「ホール&オーツ」「a-ha」「スパンダー・バレエ」など、当時、迷える若者の救世主だった80年代ブリティッシュ・ミュージックが、人と人の心をつなぎ、青春真っただ中のコナーたちの運命を切り開く瞬間を彩っていく。さらに主題歌は、『はじまりのうた』にも出演した「マルーン5」のアダム・レヴィーンが手がけている。


そんな本作は、今年のサンダンス映画祭で熱いスタンディングオベーションを浴び、全米批評サイト「Rotten Tomatoes」では、一時は100%を振り切ってしまったほど。また、先日、「U2」のボノがバンドのオフィシャルサイトに「2016年ベストムービー」と絶賛コメントを出し、世界中で話題を呼んでいる。

80年代を舞台にした青春音楽映画の新たな傑作を、まずはこちらからご覧あれ。

『シング・ストリート 未来へのうた』は7月9日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top