『ベン・ハー』が最新技術でリメイク&2017年公開!圧巻の予告映像公開

映画

『ベン・ハー』 (C) 2016 Paramount Pictures and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
  • 『ベン・ハー』 (C) 2016 Paramount Pictures and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
製作費用54億円、製作期間6年を費やし、1959年に大ヒットを記録したチャールトン・ヘストン主演、ウィリアム・ワイラー監督の不朽の名作『ベン・ハー』が、現代の最新映像技術でリメイクされ、2017年に公開されることが決定。併せて、圧巻の第1弾予告映像が解禁となった。

本作は、古代ローマ帝国の圧政とキリストの死を背景に、ユダヤの豪族の息子ベン・ハーの数奇な運命を描いた歴史スペクタクル映画。1959年公開の『ベン・ハー』は大ヒットとなり、「アカデミー賞」では作品賞、監督賞をはじめとする最多11冠を達成。その後、『タイタニック』『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』に並ばれるも、いまだ抜かれていない映画史に輝く名作だ。

今回、新たに蘇る本作では、ジェームズ・マカヴォイ&アンジェリーナ・ジョリー共演『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフが監督を務め、主人公ベン・ハーには、『アフリカの女王』『荒馬と女』の名監督ジョン・ヒューストンを祖父に、『アダムス・ファミリー』のアンジェリカ・ヒューストンを叔母に持つサラブレッドで、「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」『キル・ユア・ダーリン』、さらに『ヘイル、シーザー!』にもちらりと登場するジャック・ヒューストンが抜擢。

また、宿敵のメッサラ役を、7月公開『ウォークラフト』や来年にはトム・ヒドルストン&ブリー・ラーソン共演『Kong: Skull Island』(原題)が控えるトビー・ケベルが演じるほか、モーガン・フリーマン、ロドリゴ・サントロなどが共演。脚本を「アカデミー賞」脚色賞を受賞した『それでも夜は明ける』のジョン・リドリーと、キース・クラークが務め、2人の男の物語と共に、人間の“寛容さや赦し”を現代に投げかける。

解禁となった第1弾予告編は、奴隷船が大海原を進む中、突然の襲撃により転覆、足を鎖に繋がれたまま船から放り出されるベン・ハーの臨場感あふれるシーンから幕を開ける。一命を取り留め、とある島にたどり着いたベン・ハー。エルサレム地区の名家に生まれたものの、義兄弟であったメッサラの裏切りにより、奴隷の身となった。復讐を誓うベン・ハーは、競技場でメッサラと宿命の対決に挑むのだが…。


競技場での大激走など、往年の『ベン・ハー』を彷彿とさせるシーンの数々を、ド迫力の最新映像で魅せる本作。新鋭の注目俳優で魅せる兄と弟、そして奴隷と帝国のバトルは? ベン・ハーは復讐を果たすことができるのか? 壮大な世界観に期待が膨らむ映像に仕上がっている。

『ベン・ハー』は2017年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top