劇団四季「アラジン」上演1周年突破!ジーニー役瀧山「一万年以上のロングラン」へ意欲

最新ニュース

「アラジン」-(C)Disney
  • 「アラジン」-(C)Disney
  • 「アラジン」-(C)Disney
「アイーダ」「美女と野獣」「ライオンキング」「リトル・マーメイド」に続き、劇団四季とディズニーの提携第5弾作品として昨年より東京公演が行われているミュージカル「アラジン」が、5月24日で上演1周年を達成。昨日の本編公演終了後には、出演者を代表してジーニー役・瀧山久志が、壇上で感謝の言葉を述べた。

東京港区・大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]にて上演中のミュージカル「アラジン」は、砂漠の王国アグラバーに住む青年アラジンと、王国の姫ジャスミンとの恋模様を軸に、ランプの魔人ジーニーや王国支配を企む大臣ジャファーらのエピソードが織り込まれた物語が描かれる。

大いなるエンターテインメント性に溢れた本公演は、連日多くの観客を魅了し、5月24日時点での総公演回数は337回、通算入場者数は約39万人を記録。この1年間、全ての公演日が完売、空席ゼロ(有効販売席中)という異例のヒットを成し遂げた。

上演1周年という記念すべき日となった5月24日の本編終了後には、出演者を代表してジーニー役の瀧山さんが観客へ向け「サラーム、皆さま、本日はご来場いただきまして誠にありがとうございます。『アラジン』日本公演は、本日、上演一周年を迎えました」と報告。「開幕以来、劇場にお運びいただいたお客様は、のべ39万人。『アラジン』を愛し、育んでくださったすべての皆様へ、出演者・スタッフ一同、心より御礼申し上げます」と熱い感謝を寄せた。

さらに「これからも、皆様へ作品の感動をお届けできますよう、一回一回の舞台を精一杯つとめてまいります。どうぞ、一万年以上のロングランとなりますよう、ご支援よろしくお願い申し上げます」とさらなる長期公演への意欲を語り、熱気に満ちた客席からは大きな拍手が送られたという。

現在、2017年6月末までのチケットが発売中のミュージカル「アラジン」。魔法のランプの魔力のように魅惑的な本公演をぜひ観劇してみて。

(C)Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top