エル・ファニング、カンヌの地で親友と“2人プロム”?

最新ニュース

新作『The Neon Demon』(原題)のプロモーションでカンヌ入りしていたエル・ファニングが、カンヌで“2人プロム”を敢行した。

18歳のエルにとって、出演映画のプロモーションも大事だが、高校卒業時に行われるダンスパーティー「プロム」も重要イベントである。残念ながらタイミングが悪く、カンヌに行くことになってプロムに参加できなかったエル。なんとそのエルの元にアメリカからエスコート相手のキャスが文字通り“飛んで”きてくれた。キャスは先月もエルのインスタグラムに登場した、エル曰く「No.1フレンド」だそうだ。

女子の一大イベントである「プロム」では、着用するドレス、靴、アクセサリー選びに慎重さが必要だが、子どもの頃からハリウッドで活躍し、ファッショニスタとしても名高いエルが選んだドレスはズハイル・ムラド(「Zuhair Murad」)のもの。透け感のあるチュールにピンクの花とミントグリーンのツタが刺繍されているエレガントなストラップレスドレスで、ウエスト部分のコルセットがアクセントに。首元にはティファニーのジュエリー、ヘアはすっきりとまとめてドレスとアクセサリーを際立たせた。

この装いでエルは『The Neon Demon』のプレミアに参加した後にキャスと合流し、ロマンチックな「プロム写真」を撮影したものと思われる。インスタグラムに掲載したその写真にはキャスへの感謝と「この夜をずっと忘れない」というキャプションが添えられている。
《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top