悪女・菜々緒、初月9で“非悪女”宣言!? 「新たな挑戦を楽しみに」

最新ニュース

桐谷美玲主演で贈るフジテレビの7月スタートの新月9ドラマ「好きな人がいること」。共演には、山崎賢人、三浦翔平、野村周平、大原櫻子、佐野ひなこら大人気の俳優陣が勢揃することでも話題だが、新たに菜々緒が本作にレギュラー出演することが明らかになった。

櫻井美咲(桐谷美玲)は、キスの仕方も忘れるほどスッカリ恋愛にご無沙汰だった。というのも将来は独立したいという夢に向け、日々パティシエの仕事に邁進してきたため。だがある日、心のよりどころとしていた仕事をクビになり、転職活動もうまくいかないという大ピンチに…。そんなおり、高校時代の初恋の人・柴崎千秋(三浦翔平)と再会する。そしてなんと千秋に誘われ、彼が経営する海辺のレストランで住み込みのバイトを始めるという奇跡の展開に。憧れの千秋と一つ屋根の下で暮らすことになった美咲。だが、そこにはほかにも兄弟たちがいた。シェフを目指して学校に通う三男の柴崎冬真(野村周平)は面食らうほどお調子者のプレーボーイ。そして、レストランを支える天才シェフ、次男の柴崎夏向(山崎賢人)は最低最悪の超ムカつく男だった! 美咲のことをパティシエとは認めず、パシリ扱いしかしない夏向。こんな最低男と暮らす羽目になるなんて。

こうして、三者三様の3兄弟とひと夏をすごすことになった美咲。果たして、いつも優しい理想の王子様・千秋、お調子者のプレーボーイ・冬真、そして嫌みや皮肉ばかりの天敵・夏向のうち、恋愛弱者・美咲の重い心の扉を開けるのは誰か…!?

本ドラマは、海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロインが、イケメン三兄弟とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。キャストには、主人公のパティシエ・櫻井美咲役・桐谷さんをはじめ、天敵のシェフ・柴崎夏向役に山崎さん、美咲の初恋の人でレストランオーナー・柴崎千秋役に三浦さん、柴崎家の末っ子・柴崎冬真役に野村さん。そして先日発表された大原さんが、ミステリアスな女性・西島愛海役、佐野さんが、夏向の同級生・奥田実果子役を担当。そのほか浜野謙太、吉田鋼太郎らが出演する。

豪華なキャストに新たに加わる菜々緒さんが今回演じるのは、三浦さん演じる千秋の大学時代の同級生で、ボストン帰りのピアニスト・高月楓役。猪突猛進に突っ走っては空回りばかりしている美咲と比べ、ハイスペックな大人の女性で、「ただの友だちだから」と言い張る千秋との関係が気になるところ…という役どころだ。

「主に泣いてます」で主演に選ばれて以降、女優として数々のドラマや映画で存在感を示すようになった菜々緒さん。中でも「ファースト・クラス」や『白ゆき姫殺人事件』などの多彩な作品でアクの強い悪女役を数多く演じ、唯一無二のポジジョンを築きあげ、昨年放送の「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」では、“史上最強の悪女として”強烈な印象を残したのも記憶に新しい。そんな彼女が本作では一転、“同性のヒロインですら憧れずにいられない心優しい理想の女性”を演じることになる。

いままでの役とは全く違ったキャラクターを演じることについて菜々緒さんは「探り探りにはなるかもしれしれないですが、新たな挑戦を楽しみにしています」と心境を語り、「今回、私がやらせていただく役柄がお話の展開にとても重要な役柄」とアピール。さらに、「私が出る時点で“悪女だろうな”と思われる方が多いと思うのですが、毎話毎話いろんな一面が出てくる人間味のある役で、自分でも本当に楽しみです。話を追うごとにいろいろと明らかになっていく高月楓という存在が、物語を刺激するいいスパイスとなれるよう頑張ります」と意気込んだ。

またプロデューサー・藤野良太は「高月楓という役は、菜々緒さんをイメージしてキャラクターを膨らませていきました。“もしご出演いただけなかったらどうしよう”と不安になるときもありましたが、思いが叶い、菜々緒さんとご一緒できることになって、心からうれしく思います」と最初から菜々緒さんにやってもらいたかったと明かした。

初めて月9王道ラブストーリーで恋愛する役に挑戦する菜々緒さん。夏のラブコメにふさわしいさわやかな本作で、“非悪女”の菜々緒さんが新たな魅力をどう開花させるのだろうか。

「好きな人がいること」は7月、毎週月曜日21時~フジテレビにて放送予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top