“水中の女神”田中雅美がマカジキに! 『ファインディング・ドリー』で声優初挑戦

映画

『ファインディング・ドリー』
  • 『ファインディング・ドリー』
  • 『ファインディング・ドリー』
ディズニー/ピクサーの傑作『ファインディング・ニモ』奇跡の冒険から1年後の世界を描く、全世界待望の続編『ファインディング・ドリー』。先日、本作の日本語吹き替え声優に、上川隆也、中村アンが出演する事が発表されたが、この度、新たにオリンピックメダリストの田中雅美も出演していることが明らかになった。

舞台はカクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子・ニモを、人間の世界から救出した冒険の旅から1年後の世界。「今度は、僕がドリーを助けてあげる」。ドリーとニモ、そして、心配性のマーリンも渋々ながら、再び大海原へと旅立つ。この夏、世界一有名な魚たちの奇跡の大冒険が幕を開ける――。

前作からさらにスケールアップした待望の続編である本作は、忘れんぼうのドリーに室井滋、ニモの父マーリンに木梨憲武が続投するほか、本作で新たに登場する注目の新キャラクターたちに、ドリーの冒険に協力する“7本足の謎のタコ”ハンクの上川さん、ドリーの過去を知る“泳ぎが苦手なジンベエザメ”デスティニーの中村さんが仲間入り。

そんな新たな物語への期待も高まっている中、「ドリーの家族探しを、是非手伝いたい!」という強力な助っ人たちが、日本各地にいることが判明! そのひとりとして立ち上がったのは、今回決定した北海道出身、アトランタ、シドニー、アテネのオリンピック3大会連続出場、シドニーオリンピックの銅メダリストである元水泳選手、田中さん。 “水中の女神”とも称えられ、現在はスポーツコメンテーターとして活躍しバラエティ番組にも活動の場を広げているが、今回はドリーの“家族の思い出”に繋がるマカジキ役で声優に初挑戦する。

今回の決定を受け田中さんは、「ディズニー/ピクサー作品で声優に挑戦できるなんて本当に嬉しいです! さらに、美しい海を舞台にした大好きな作品の続編ということで、本当にワクワクしています! 声優と言う“海”でもしっかり泳いでみたいです!!」と喜びを表現。また、台詞は一言だが、物語の重要な役だそうで「私の役は、家族とはぐれた忘れんぼうのドリーが出会う魚の役です。台詞は少ないですが、あのドリーがどうやって過ごしてきたのか、過去と今を結ぶ大切な役割なんですよ」と役柄を説明。さらに初めての声優には「一言だけなのに難しくて、細かいニュアンスがうまくいかなかったり、微妙な声の大きさを変えたりして何回も録り直しました。ピクサー作品のこだわりが垣間見れて、とても貴重な経験になりました」と苦労も明かしていた。

そして本作には、日本全国各地を代表する方々が日本語吹き替え版キャストとして参加をしており、北は北海道から南は福岡まで、日本中でドリーの家族探しを助けるべく強力な助っ人たちが、声優としてドリーを応援。田中さんは北海道代表としての参加が発表になったが、そのほかの地域では誰が参加するのか今後明らかになっていくようだ。

『ファインディング・ドリー』は7月16日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top