ダニエル・クレイグ、新作出演に向けて最終交渉!ボンド役引退が濃厚に

最新ニュース

ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ
ダニエル・クレイグが新作『Logan Lucky』(原題)出演に向けて最終交渉を行っているようだ。

先日にはダニエルが『007』シリーズの新たな2作品に対する6,800万ポンド(約109億円)での出演オファーを断ったのではないかと報じられていただけに、さらにジェームズ・ボンド役を引退する可能性が高まってきた。

スティーヴン・ソバーバーグ監督がメガホンを取る『Logan Lucky』(原題)はアメリカのモータースポーツを統括する団体NASCARをテーマにした作品である。

キャサリン・ハイグルも最終出演交渉に入っているという同作品はノースカロライナ州シャーロットでNASCARレースが開催されている最中、犯罪を企てる兄弟を追ったストーリーになると「Deadline」が報じている。

今週から制作準備段階に入る同作品の撮影は今年秋からスタートすることが決定しており、ダニエルが同作品に出演するとするならば『007』シリーズへの出演は難しくなることは間違いなさそうだ。

いままでシリーズ4作品にジェームズ・ボンド役で登場しているダニエルは収益の分配や広告出演料、プロデューサーとしての役割も含まれていると思われるその巨額オファーをMGMスタジオから提案されたものの、「もうやりきった」ことを理由に受諾しなかったといわれている。

ここ数か月は次期ボンド役についてのうわさが飛び交っており、先週には英俳優トム・ヒドルストンがサム・メンデス監督やプロデューサーのバーバラ・ブロッコリとロンドンでミーティングをしているところが目撃されたことでトムがボンド役を務めるといううわさに拍車がかかっている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top