大野智、社長役から“史上最強”の忍者に!「新しい自分を出せるようチャレンジ」

映画

『忍びの国』ロゴ(C)2017 映画『忍びの国』製作委員会  (C)2008 和田竜/新潮社
  • 『忍びの国』ロゴ(C)2017 映画『忍びの国』製作委員会  (C)2008 和田竜/新潮社
  • 『忍びの国』ロゴ(C)2017 映画『忍びの国』製作委員会  (C)2008 和田竜/新潮社
「のぼうの城」で脚光を浴びた和田竜・原作「忍びの国」が、現在『殿、利息でござる!』がヒット上映中の中村義洋監督の手で実写映画化されることが決定。主演を、本作が時代劇映画“初主演”となる「嵐」大野智が務めることが分かった。

時は戦国。織田信長は諸国を次々と滅ぼし、天下統一に向けひた走っていた。しかし、ただ一国だけ手出しすることを禁じた国があった。あの魔王・信長が最も恐れた族ども。伊賀・忍び軍団――。彼らは己の超人的能力を駆使し、戦場では金のためだけに人を殺める戦闘兵器。人を人とも思わぬ人でなし。虎狼の族(ころうのやから)と呼ばれていた。

そんな忍びのひとり、無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に嫁ぎのなさを詰め寄られる日々を過ごしていた。天正七年九月、信長の次男・織田信雄は、父の命に背き、伊賀に攻め込む決意をした。かつての主君を裏切り信雄の家臣になった日置大膳、無門に弟を殺され伊賀への復讐を誓う忍びの下山平兵衛。対する伊賀十二評定の重鎮・百地三太夫と下山甲斐、そして忍びたち…。様々な人間たちの思惑が入り乱れ、知略謀略が張り巡らされた末、織田軍と伊賀忍び軍団は、壮絶な大合戦に突き進んでいく――。

原作は、オリジナル脚本「忍ぶの城」で脚本家の登竜門と言われる城戸賞を受賞し、同作の小説化作品「のぼうの城」が200万部を超えるベストセラー、さらにその後2011年に映画化された際には脚本も担当した和田氏による、発行部数50万部の「忍びの国」。その圧倒的なスケールで読者を戦国の世界へ誘う和田氏の作品を映像化するのは、『予告犯』『残穢-住んではいけない部屋-』と立て続けに話題作を生み出す中村監督だ。

そして主人公・無門を演じるのは、『映画 怪物くん』で中村監督とタッグを組んだ大野さん。ドラマ、舞台、映画、アートと様々なステージで唯一無二の存在感を発揮し活躍の場を広げる大野さんが、本作では、普段は“金の亡者”で“無類の怠け者”だが、いざとなったら超人的な力を発揮する振り幅の広いキャラクターを演じる。天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナックに描く本作では、本格的なアクションにも初挑戦するが、「史上最強と呼ばれるほどの忍者の役なので、アクションや格闘のシーンがたくさん出てきますが、久しぶりにご一緒する中村監督の描く世界観に応えられるよう、精一杯頑張りたいと思います!」とやる気十分の様子。

また、現在放送中のドラマ「世界一難しい恋」(日本テレビ)では恋愛ドラマに初挑戦し、新たな一面を見せているが、「いま演じている社長役から、次は忍者役へ、役柄は全く違いますが、新しい自分を出せるようチャレンジしてみます!」とさらなる新境地へ意欲を語った。

中村監督は、大野さんと主人公・無門が「予想外、規格外なところ、何を考えているのか分からない面白さが、似ている」と話し、「大野くんの、役に入ったときの得体の知れなさみたいなものをすごく感じていて、ぴったりなんじゃないか」と大いに期待! さらに物語の見どころでもある合戦のシーンについては「見たことのないものになると思います。いままでと全然違うと思います。(アクションは)吹き替えはあまり考えていません。忍術とは本当はどんなだったんだろうな、というのをやる。妖術にはしません」と意気込みを述べた。

『忍びの国』は2017年夏、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top