「glee/グリー」マーク・サリング、児童ポルノ所持で新作をクビに

最新ニュース

マーク・サリング -(C) Getty Images
  • マーク・サリング -(C) Getty Images
  • マーク・サリング -(C) Getty Images
  • マーク・サリング -(C) Getty Images
昨年12月に児童ポルノ所持で逮捕されていた「glee/グリー」のパック役で知られるマーク・サリング(33)が、先週金曜日(現地時間)に米連邦地検に起訴された。捜査官がマークの自宅から押収したノートパソコン、ハードディスク、USBフラッシュドライブには数千枚もの児童のポルノ写真と動画が保存されていたそうだ。

これを受け、マークが悪役として出演し製作途中だった映画『Gods and Secrets』(原題)のアディ・シャンカール監督が書面で声明を出した。「The Hollywood Reporter」に掲載されている声明によれば、マークの出演シーンはすべてカット、代役を立てて撮り直しをすることになった。撮り直しに必要な費用はシャンカール監督が自腹を切り、興行収入の一部を「(性的)虐待を受けた子どものための慈善基金」に寄付するとしている。監督はアメリカにはびこる児童に対する性的虐待を「文化の“がん”」であると嘆き、怒りをあらわにしている。

まだ有罪と決まったわけではないマークだが、監督は判決を待たずに映画からマークの出演シーンを削除すると決めたようだ。有罪が確定すれば、5年から20年連邦刑務所に服役する可能性があるという。

『Gods and Secrets』(原題)にはマークのほかに、デニース・リチャーズや『トワイライト』シリーズのケラン・ラッツ&ジャクソン・ラスボーンなどが出演している。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top