抹茶とビールの意外な相性とは?日本茶レストランで「抹茶ビアガーデン」開催!

最新ニュース

日本茶レストラン「GREEN TEA RESTAURANT 1899」で「抹茶ビアガーデン」開催
  • 日本茶レストラン「GREEN TEA RESTAURANT 1899」で「抹茶ビアガーデン」開催
  • 5種のお茶料理が楽しめる「抹茶ビアガーデンセット」
  • フードメニュー 左上より時計回りに:「抹茶コロッケ」「抹茶ポテサラ」「抹茶ポテトフライ」「新茶ピザ」
  • 日本茶レストラン「GREEN TEA RESTAURANT 1899」レストラン外観
  • 日本茶レストラン「GREEN TEA RESTAURANT 1899」レストラン内観
創業118年目を迎える龍名館が運営する「ホテル龍名館お茶の水本店」の日本茶レストラン「GREEN TEA RESTAURANT 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) OCHANOMIZU」では、6月1日(水)~9月30日(金)まで、夏季限定で「抹茶ビアガーデン」が開催中だ。

「GREEN TEA RESTAURANT 1899」は、コンセプトである「和」を、食の観点から「お茶」と「和食」で表現し、「茶バリエ」と呼ばれるお茶を淹れる専属スタッフが常駐するユニークな日本茶レストラン。広々として開放的な屋外テラス席は32席、店内は落ち着いた雰囲気の48席を用意する。「抹茶ビアガーデン」は2回目の開催で、昨年は抹茶ビール4300杯以上が出るなど大好評だった。

「抹茶ビアガーデン」では、「抹茶ビール」「ほうじ茶黒ビール」など抹茶・ほうじ茶系のビールに加え、通常のビールと黒ビールなどを合わせた9種のビールを飲み放題3,800円(2時間制)で提供する。飲み放題には、おつまみとして日替わりの“お茶料理”1品も付く。

飲み放題の目玉は、ビールに抹茶を独自ブレンドした、麦と抹茶の苦さのハーモニーが絶妙な「抹茶ビール」。茶バリエが注ぐ抹茶ビールは、深い緑の見た目と意外な美味しさが人気で、ビールが苦手な人でも飲みやすいという声も聞かれる。「抹茶ビール」のほか、「抹茶黒ビール」と「ノンアル抹茶ビール」もあるので、飲み比べても楽しい。

さらに今年は、別売りの“お茶カクテル”を新たに充実させている。なかでも真緑色の「抹茶ワイン」はインパクト大。甘口の白ワインに抹茶を独自ブレンドしたオリジナルのワインカクテルで、ワインの甘さと抹茶のほろ苦さのバランスが絶妙な一杯。

ビールと合わせて提供されるフードメニューには、抹茶ポテサラや新茶ピザ、新作「抹茶ワイン」など、5種のお茶料理が楽しめる「抹茶ビアガーデンセット」(一人前 3,000円)も用意されている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top