斎藤工、共演者に“下心”指摘され「エロの看板掲げる」

最新ニュース

映画『高台家の人々』が6月4日(土)に公開を迎え、主演の綾瀬はるかをはじめ、斎藤工、水原希子、間宮祥太朗、大地真央、市村正親、土方政人監督がそろって舞台挨拶に登壇した。

「デカワンコ」「ごくせん」で知られる森本梢子の人気漫画を映画化した本作。妄想好きのOL・木絵と人の心が読める高台家の御曹司・光正の恋がコミカルに描き出される。

綾瀬さんは映画を見終えたばかりの観客を前に開口一番「今日は朝もはよから“ご来店”いただきまして…」と語り、「あ、ご来場ですね…(笑)」とさっそくのボケで会場を笑いに包む。斎藤さんも綾瀬さんに便乗して「ご来店いただき(笑)」と語るが、自身、先日の完成披露試写会での発言が“斎藤工、エロ全開!”などとニュースになったことに触れ「自分が作品の足を引っ張る男なんだなと自覚してます…」と苦笑い。

この日は、キャスト陣がそれぞれ、撮影中やプロモーション期間を通じて感じた共演陣の謎や真の姿(?)についてトークを展開したが、斎藤さんは「綾瀬さんがキスシーンの撮影の直前に、待合室で激しくモノマネに熱中してた」と暴露。それはなぜか中島みゆきのモノマネだったそうで、綾瀬さんは深夜まで及んだ撮影における「気分転換」のためだったと説明するが、斎藤さんは「かなりのクオリティでビックリしました」と明かす。

水原さんは「プロモーション期間を経て、斎藤さんの謎が深まりました。何を考えているのかよくわかんない。優しいお兄ちゃんのようで、ずっと頭の中はHなことを考えてるんですか?」と質問。斎藤さんは報道陣に向けて「ペンを走らせないで!」と懇願するが、大地さんがさらに、斎藤さんが休憩中に照明が大地さんに強く当たった時、大地さんがまぶしくないようにとすぐに配慮したエピソードを明かし「すごいジェントルマンだなと思ったんですけど、あれはエロで、下心があったんでしょうか? あっても別に私はいいんですけど…」とさらなる追い打ちをかける。斎藤さんは苦笑交じりに「(エロの)自覚はないけど、エロの看板を掲げていると通りやすい部分があり、しばらくは掲げてみようと思ってます」と自身の言動について説明していた。

この日は、由緒正しい高台家にふさわしい、3億円のティアラが用意され、映画の続きさながらに斎藤さんの手で綾瀬さんに“戴冠”! ずばり、斎藤さんに映画さながらにいまの綾瀬さんの心の内を読んでもらうと斎藤さんは「『お昼何食べようかな?』ですね」と予想するが、綾瀬さんは「先ほど、おにぎりを2個いただいたので、お腹はすいてないんですが、昨日、切ったばかりなのにまた前髪が伸びてる。早いな…と思ってました。ティアラの重みのせいですね(笑)」と最後まで天然ボケで会場を笑いに包んでいた。

『高台家の人々』は6月4日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top