プリンス死因は鎮痛剤の過剰摂取…入手元の調査開始

最新ニュース

プリンス-(C)Getty Images
  • プリンス-(C)Getty Images
  • プリンス-(C)Getty Images
  • プリンス-(C)Getty Images
  • プリンス-(C)Getty Images
  • プリンス
プリンスの死因は鎮痛剤「フェンタニル」の過剰摂取であることをミッドウェスト検視局が発表した。

その結果を受け、その中毒性の高い強力なオピオイド剤の入手ルートを探る犯罪捜査が始動したようだ。警察関係者が「TMZ」に伝えたところによると、その捜査はその鎮痛剤を「不法に」所持していたことが捜査の焦点となり、州と連邦の警察どちらも捜査に携わっているという。同ウェブサイトは、薬を不法に処方もしくは調剤したことで患者が死亡した場合、第三級殺人罪で最高25年の懲役を科せられる可能性もあるとしている。

以前には、プリンスはお尻の問題を抱えていたために鎮痛剤パーコセットの中毒に何年も悩まされていたといわれ、死の1週間前にはアセトアミノフェンとオキシコドンを含むその鎮痛剤を過剰摂取したために、その効果を解毒する「セーブショット」なるものを投与されていたと報じられていた。

プリンスは4月21日、ミネアポリスにあるプレイズリー・パークの自宅で意識不明のところを発見されていた。お尻の問題を抱えていたために鎮痛剤パーコセットの中毒に何年も悩まされていたといわれ、死の1週間前にはアセトアミノフェンとオキシコドンを含むその鎮痛剤を過剰摂取したために、その効果を解毒する「セーブショット」なるものを投与されていたと報じられていた。

また、長年杖をつくほどの状態だったというプリンスは、全股関節置換が必要であった状態だったにも関わらず、輸血がエホバの証人の教えに反するとして手術を受けるのを何度も拒んできたとみられている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top