『疾風ロンド』主演の阿部寛、雨男ならぬ雪男ぶりを告白!「今回はありがたがられた」

最新ニュース

『疾風ロンド』
  • 『疾風ロンド』
  • 阿部寛『疾風ロンド』
  • 大島優子『疾風ロンド』
  • 志尊淳『疾風ロンド』
  • 大島優子、濱田龍臣『疾風ロンド』
  • 『疾風ロンド』
俳優の阿部寛が6月6日(月)、都内で行われた主演作『疾風ロンド』のクランクアップ会見に出席。長野県・野沢温泉でロケが行われ、「普段から雪男で(笑)、現場入りしたら大雪が降った。例年に比べスキー場の雪が少なく、今回はありがたがられた」と明かした。

国民的ベストセラー作家・東野圭吾による100万部突破の同名小説を映画化。超巨大スキーリゾート地を舞台に、しがない主任研究員・栗林和幸(阿部さん)が、何者かに盗まれた後、 雪に埋められた生物兵器をタイムリミットである4日間以内に発見しようと奮闘する雪山サスペンス。スノーボードやスノーモービルを駆使した“疾風”アクションも大きな見せ場になっている。

阿部さんといえば、『エヴェレスト 神々の山嶺』にも出演し、雪山でのロケを経験しており、「今回は『エベレストに行ったから、大丈夫でしょ?』と軽いノリで言われたが、実際にはエベレストより野沢温泉のほうが寒かった」といい、スキーが下手な研究員という役どころについては「スキーをするのは20年ぶり。上手ではない設定なので、ほとんどのシーンを自分で演じさせてもらった」。ドラマ「新参者」、『麒麟の翼~劇場版・新参者~』に続く東野作品とのタッグで、「サスペンスはもちろん、ユーモラスな要素も見どころ」とアピールしていた。

会見には阿部さんをはじめ、共演する大倉忠義、大島優子、濱田龍臣、志尊淳、吉田照幸監督(「あまちゃん」「サラリーマンNEO」)が出席。大倉さんは「プロデューサーさんに聞いたら、プロフィールに趣味がスキーと書いてあったと言われて…。実際には2回くらいしかやったことがなくて(笑)」と苦笑い。一方、9歳からスノボ経験がある大島さんは「趣味が仕事につながり、こんな喜びはない。スノボのシーンを撮影しながら、幸せをかみしめた」と大喜びだった。

一方、濱田さんは、「とにかく大食い。そのうち体重が100キロくらいなっちゃうと心配した」(阿部さん)、「お昼ご飯を食べすぎて、午後からの撮影はお腹がふくれていた」(吉田監督)と“大食漢”ぶりを暴露され、慌てる場面も。また、志尊さんは大倉さんから「ジャニーズとしてD-BOYSには負けられないと思った」と思わぬ“宣戦布告”を受け、こちらも困った表情を浮かべていた。

『疾風ロンド』は11月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top