加藤シゲアキ、ドラマ「時かけ」担任役に!エンディングは「NEWS」新曲

最新ニュース

大ロングセラー小説を、主演を黒島結菜、相手役に「Sexy Zone」菊池風磨を迎え映像化するドラマ「時をかける少女」。前回の主要キャスト発表に続いてこの度、主人公たちの担任教師役に「NEWS」の加藤シゲアキが決定。さらに、本作のエンディングテーマも「NEWS」のニューシングル「恋を知らない君へ」が選ばれた。

ある日の放課後。理科実験室でラベンダーの香りをかいでから、少女は「時を自在に超える能力」を身につけた。そこから起こる不思議な出来事…繰り返す毎日…。そして、未来からやってきた少年に抱く、初めての「恋心」。きっと、今年は忘れたくない「夏」になる――。

原作は、角川書店で発売された現在累計250万部を超える大ロングセラー小説「時をかける少女」。発売から50年、幾度となく実写映像化・アニメ化・舞台化が実現されてきた。
すでに、主人公の少女・芳山未羽役には黒島さん、相手役の未来からやってきた少年・深町翔平役に菊池さん、そして2人と三角関係になるクラスメイト浅倉吾朗役に竹内涼真らフレッシュなキャストが発表されてきたが、今回は新たに教師役に加藤さんが決定。29歳、熱血でノリが良い、生徒たちから慕われている担任・矢野和孝役で主人公たちと物語に加わっていく。

「数学の教師でありながら、普段から小洒落たシャツを着て、生徒との距離感が近い、愛される先生といった役柄です」と自身が演じる矢野先生について話す加藤さん。主人公の未羽がタイムリープをしていることには気づいていないが、知らず知らず彼女が考えたり行動するきっかけの一言を投げかける、重要な役割だという。

さらに、映画化もされた「ピンクとグレー」はじめ、作家としても活躍している加藤さんが、本作の出演に併せてKADOKAWAのエンターテインメント小説誌「小説 野性時代」にて“タイムリープという設定を絡めた短編小説”「おれさまのいうとおり」を執筆することも決定。加藤さんいわく、「14歳の自分に人生のアドバイスをするために、未来から34歳の自分が会いに来る」物語だそうで、「こちらは青春の甘酸っぱさも切なさもなく、『時をかける少女』とは随分かけ離れた、ブラックユーモアが効いた作品ですが、合わせて楽しんでいただければ幸いです」とコメントしている。こちらも併せて読むことで、より深くドラマの世界を理解できるかもしれない。それは「NEWS」によるエンディングテーマ「恋を知らない君へ」にも言え、ドラマをさらに楽しめるような“伏線”的な歌詞をのせたラブバラードとなっているという。

いままでの「時かけ」では見られなかった、キャラクターたちの新たな視点やストーリーも加わっているという本作。ドラマならではの煌びやかなキャスト陣と、楽曲や小説といった作品を彩るコンテンツによって、本ドラマならではの新しい「時かけ」に期待したい。

ドラマ「時をかける少女」は7月より毎週土曜日21時~日本テレビ系にて放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top